見積りを作成するためのベストプラクティス - AWS Pricing Calculator

見積りを作成するためのベストプラクティス

この章では、AWS Pricing Calculator 見積りを生成するためのベストプラクティスの概要を説明します。

見積りを最大限に活かすため、基本的な要件を把握しておく必要があります。例えば、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) を試す場合、必要なオペレーティングシステム、メモリ要件、I/O 容量を知っておくことをお勧めします。開始する前に、ストレージの必要性の有無を判断してください。たとえば、データベースを実行するか否か、および必要なサーバーをどれくらいの期間で使用するか決めます。AWS Pricing Calculator サービス構成およびパラメータを使用して特定のユースケースおよび予算に合ったオプションを確認できます。

見積りを生成する際、以下の点を考慮することをお勧めします。

  • 見積りはどのように整理しますか?

  • AWS Support 計画を追加しますか?

  • 後で見積りにアクセスする必要がありますか?