開始 - AWS Pricing Calculator

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

開始

この章では、 AWS Pricing Calculator を使用してユースケースの見積りを生成する方法を理解するのに役立つ AWS Pricing Calculator 機能について説明します。

AWS Pricing Calculator コンソールの使用

は 4 つの主要なコンソールページ AWS Pricing Calculator で構成されています。

  • ランディングページ

    このページでは、ツールの仕組みの概要と、見積りを作成するためのリンクを提供します。また、マーケティングFAQs料金の前提条件など、主要なリソースへのリンクも提供します。

    直接リンク: https://calculator.aws/#/

  • サービスの追加ページ

    見積りの作成ボタンを選択すると、サービスの追加ページに移動します。このページには、 が AWS Pricing Calculator サポートするすべての AWS サービスのリストが表示されます。ロケーションタイプでサービスをフィルタリングし、キーワードまたはサービス名を入力してサービスを検索できます。製品ページのリンクを使用して、各サービスに関する詳細情報を確認することもできます。

    直接リンク: https://calculator.aws/#/addService

  • サービスページの設定

    サービスの設定リンクを選択すると、サービスの設定ページに移動します。このページを使用して、見積り AWS リージョン を作成する を選択し、ユースケースに基づいてサービス固有の詳細を入力できます。ユースケースの仕様を入力すると、それらを見積りに追加できます。

  • 見積りページ

    このページには、見積りの概要が前払い、月次、12 か月のコストで表示されます。12 か月のコストは、すべての見積りとグループの合計です。グループとマイ見積りセクションには、見積り内のサービスのリストが表示されます。このセクションでは、新しいサービスの追加、サポート、新しいグループの作成を行うことができます。

    さらに、マイ見積りページを使用して、見積りを CSV または PDF ファイルにエクスポートしたり、見積りリンクを保存したり、 AWS コンソールに移動してサインインまたはアカウントを作成したりできます。

    直接リンク: https://calculator.aws/#/estimate

    注記

    AWS には、一部の AWS のサービスを無料で試すために使用できる 無料利用枠が用意されています。無料利用枠は、特定のインスタンスまたは使用範囲のみを対象としており、期間が限定されます。無料利用枠は、 AWS Pricing Calculator 特に呼び出されない限り、見積りには含まれません。 は、無料利用枠を使用しておらず、見積りに有効期限が切れる無料利用枠が含まれていないと AWS Pricing Calculator 想定しています。