開始方法 - AWS Pricing Calculator

開始方法

この章では、AWS Pricing Calculator を使用してユースケースの見積りを生成する方法を理解できるように、AWS Pricing Calculator 機能を詳しく説明していきます。

AWS Pricing Calculator コンソールを使用する

AWS Pricing Calculator は 4 つの主要なコンソールページで構成されています。

ランディングページ

このページは主要リソースにリンクしています。このユーザーガイド、よくある質問および料金の前提条件がその例です。

直接リンク: https://calculator.aws/#/

サービスページを追加

見積りを作成し始めたら、[Add Service] (サービス追加) ページに移動しました。このページには、AWS Pricing Calculator がサポートするすべてのサービス向けの計算ツールがあります。サービスごとに計算ツールがあり、一部のユースケースによっては 1 つの計算ツールで複数のサービスをサポートします。検索メニューでサービス名またはキーワードを入力します。また、[Product page] (製品ページ) のリンクで各サービスに関する詳しい情報を見ることもできます。

直接リンク: https://calculator.aws/#/addService

計算ツール構成ページ

計算ツール構成ページを使用して、サービス計算ツールのカスタマイズした詳細を入力します。情報には、説明 (任意)、見積りを作成する AWS リージョンの選択、ユースケースに基づいたサービスの説明が含まれています。見積り結果を見てそれぞれの計算内容を確認します。ページの最後にある [Go to My Estimate] (見積りに移動) を使用して、サービスの見積りを [My estimates] (見積り) ページに追加できます。見積りにサービスをさらに追加するには、[サービスを追加し続ける] を選択します。

直接リンク (例): https://calculator.aws/#/createCalculator/Athena

個別のサービス計算ツールに直接移動できます。

見積りページ

[Estimate summary] (見積りの概要) セクション: このセクションでは、見積りを [Upfront cost] (前払い費用)、[Monthly cost] (月額費用)、[Total 12 months cost] (12 か月間の合計費用) で表示します。[Total 12 months cost] (12 か月間の合計費用) は、すべての見積りおよびグループの合計です。前払いと月額コストを組み合わせたものです。前払いコストは、サービスを設定する際に支払う金額の概算を示します。月額コストは、月々継続して支払う予定の金額を概算で表示します。

[Groups] (グループ) および [My estimate] (見積り) セクション: これはサービス計算ツールのリストを表示する作業セクションです。こちらにサービスをさらに追加したり、検索バーでキーワードを入力して前回のサービス見積りを探したりできます。

このページでは、見積りを CSV または PDF ファイルにエクスポートしたり、見積りリンクを共有したり、AWS コンソールに移動してサインインまたはアカウントを作成したりできます。

直接リンク: https://calculator.aws/#/estimate

注記

AWS は、一部の AWS サービスを無料で試せる無料利用枠を提供しています。無料利用枠は、特定のインスタンスまたは使用範囲のみを対象としており、期間が限定されます。無料利用枠は指定がない限り、AWS Pricing Calculator 見積りに含まれません。AWS Pricing Calculator はお客様が無料利用枠を使用していないことと、見積りに有効期限が切れかかっている無料利用枠が含まれていないことを想定しています。