ステップ 6: ドキュメントのリビジョン履歴を表示する - Amazon Quantum Ledger Database (Amazon QLDB)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 6: ドキュメントのリビジョン履歴を表示する

前のステップで車両の登録データを変更すると、登録されているすべての所有者とその他の更新されたフィールドの履歴に対してクエリを実行できます。このステップでは、vehicle-registration 台帳の VehicleRegistration テーブルに含まれているドキュメントのリビジョン履歴のクエリを実行します。

リビジョン履歴を表示するには
  1. 次のプログラム (QueryHistory.ts) を使用して、VIN が 1N4AL11D75C109151VehicleRegistration ドキュメントのリビジョン履歴をクエリします。

    /* * Copyright 2019 Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. * SPDX-License-Identifier: MIT-0 * * Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this * software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software * without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, * merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to * permit persons to whom the Software is furnished to do so. * * THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, * INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A * PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT * HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION * OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE * SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE. */ import { QldbDriver, Result, TransactionExecutor } from "amazon-qldb-driver-nodejs"; import { dom } from "ion-js"; import { getQldbDriver } from "./ConnectToLedger"; import { VEHICLE_REGISTRATION } from "./model/SampleData"; import { VEHICLE_REGISTRATION_TABLE_NAME } from "./qldb/Constants"; import { prettyPrintResultList } from "./ScanTable"; import { error, log } from "./qldb/LogUtil"; import { getDocumentId } from "./qldb/Util"; /** * Find previous primary owners for the given VIN in a single transaction. * @param txn The {@linkcode TransactionExecutor} for lambda execute. * @param vin The VIN to find previous primary owners for. * @returns Promise which fulfills with void. */ async function previousPrimaryOwners(txn: TransactionExecutor, vin: string): Promise<void> { const documentId: string = await getDocumentId(txn, VEHICLE_REGISTRATION_TABLE_NAME, "VIN", vin); const todaysDate: Date = new Date(); // set todaysDate back one minute to ensure end time is in the past // by the time the request reaches our backend todaysDate.setMinutes(todaysDate.getMinutes() - 1); const threeMonthsAgo: Date = new Date(todaysDate); threeMonthsAgo.setMonth(todaysDate.getMonth() - 3); const query: string = `SELECT data.Owners.PrimaryOwner, metadata.version FROM history ` + `(${VEHICLE_REGISTRATION_TABLE_NAME}, \`${threeMonthsAgo.toISOString()}\`, \`${todaysDate.toISOString()}\`) ` + `AS h WHERE h.metadata.id = ?`; await txn.execute(query, documentId).then((result: Result) => { log(`Querying the 'VehicleRegistration' table's history using VIN: ${vin}.`); const resultList: dom.Value[] = result.getResultList(); prettyPrintResultList(resultList); }); } /** * Query a table's history for a particular set of documents. * @returns Promise which fulfills with void. */ const main = async function(): Promise<void> { try { const qldbDriver: QldbDriver = getQldbDriver(); const vin: string = VEHICLE_REGISTRATION[0].VIN; await qldbDriver.executeLambda(async (txn: TransactionExecutor) => { await previousPrimaryOwners(txn, vin); }); } catch (e) { error(`Unable to query history to find previous owners: ${e}`); } } if (require.main === module) { main(); }
    注記
    • 以下の構文で組み込みの「履歴関数」のクエリを実行することで、ドキュメントのリビジョン履歴を表示できます。

      SELECT * FROM history( table_name [, `start-time` [, `end-time` ] ] ) AS h [ WHERE h.metadata.id = 'id' ]
    • start-time および end-time はいずれもオプションです。これらは、バックティック (`...`) で示すことができる Amazon Ion リテラル値です。詳細については、「Amazon QLDB での PartiQL による Ion のクエリ」を参照してください。

    • ベストプラクティスとして、履歴クエリは日付範囲 (start-time および end-time) とドキュメント ID (metadata.id) の両方で修飾します。QLDB はトランザクション内の SELECT クエリを処理します。これらは、トランザクションタイムアウト制限が適用されます。

      QLDB 履歴はドキュメント ID によってインデックス付けされるため、現時点では追加の履歴インデックスを作成することはできません。開始時刻と終了時刻を含む履歴クエリでは、日付範囲修飾のメリットが得られます。

  2. トランスパイルされたプログラムを実行するには、次のコマンドを入力します。

    node dist/QueryHistory.js

vehicle-registration 台帳のドキュメントリビジョンを暗号的に検証するには、「ステップ 7: 台帳内のドキュメントを検証する」に進みます。