CREATE TABLE - Amazon Quantum Ledger Database (Amazon QLDB)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CREATE TABLE

Amazon QLDB 台帳で新しいテーブルを作成するには、CREATE TABLE コマンドを使用します。

テーブルには名前空間のない単純な名前を付けます。QLDB ではオープンコンテンツがサポートされており、スキーマは適用されないため、テーブル作成時に属性やデータ型を定義しません。

注記

台帳でこの PartiQL コマンドを実行するためのアクセスを制御する方法については、「Amazon QLDB の標準アクセス許可モードの開始方法」を参照してください。

構文

CREATE TABLE table_name [ WITH (aws_tags = `{'key': 'value'}`) ]

パラメータ

table_name

作成するテーブルの一意の名前。同じ名前のアクティブなテーブルが存在していないことも条件となります。以下は命名に関する制約です。

  • 1~128 個の英数字またはアンダースコア文字のみを使用する必要があります。

  • 1 字目は文字またはアンダースコアでなければなりません。

  • 残りの文字は英数字とアンダースコアの任意の組み合わせにできます。

  • 大文字と小文字を区別します。

  • QLDB PartiQL の予約語は使用できません。

'キー':''

(オプション) 作成時にテーブルリソースにアタッチするタグ。各タグは、キーと値のペアとして定義され、キーと値はそれぞれ一重引用符で示されます。各キーと値のペアは、バッククォートで示される Amazon Ion 構造内で定義されます。

作成時のテーブルのタグ付けは、現在、STANDARDアクセス許可モードのみ。

戻り値

tableId - 作成したテーブルの一意の ID。

作成時のテーブルのタグ付け

注記

作成時のテーブルのタグ付けは、現在 STANDARD 許可モードの台帳のみでサポートされています。

必要に応じて、CREATE TABLE ステートメントでタグを指定して、テーブルリソースをタグ付けできます。タグの詳細については、「Amazon QLDB リソースのタグ付け」を参照してください。次の例では、Vehicle という名前のテーブルをタグ environment=production を付けて作成します。

CREATE TABLE Vehicle WITH (aws_tags = `{'environment': 'production'}`)

作成時にテーブルにタグを付けるには、qldb:PartiQLCreateTable および qldb:TagResource アクションの両方にアクセスする必要があります。QLDB リソースの許可の詳細については、「Amazon QLDB で IAM が機能する仕組み」を参照してください。

作成時にリソースにタグ付けすることで、リソース作成後にカスタムタグ付けスクリプトを実行する必要がなくなります。テーブルにタグを付けると、それらのタグに基づいてテーブルへのアクセスを制御できます。例えば、特定のタグを持つテーブルにのみフルアクセスを付与できます。JSON ポリシーの例については、「テーブルタグに基づくすべてのアクションへのフルアクセス」を参照してください。

CREATE TABLE VehicleRegistration
CREATE TABLE Vehicle WITH (aws_tags = `{'environment': 'development'}`)
CREATE TABLE Vehicle WITH (aws_tags = `{'key1': 'value1', 'key2': 'value2'}`)

ドライバーを使用したプログラムでの実行

QLDB ドライバーを使用してこのステートメントをプログラムで実行する方法については、「ドライバーの開始方法」の以下のチュートリアルを参照してください。