フィルターを追加する - Amazon QuickSight

フィルターを追加する

データセットまたは分析に、フィルターを追加することができます。以下の手順を実行して、この方法を学んでください。

データセットへのフィルターの追加

データセットにフィルターを追加するには、以下の手順に従います。

データセットにフィルターを追加するには

  1. QuickSight のスタートページで、[Datasets] (データセット) をクリックします。

  2. 使用するデータセットを選択した後、[Edit dataset] (データセットを編集) を選択します。

  3. データ準備ページが開くので、左下にある [Add filter] (フィルターを追加) を選択した後、フィルタリングするフィールドを選択します。

    フィルターが、左側の [Filters] (フィルター) セクションに追加されます。

  4. フィルタを設定するには、ペインで新しいフィルタを選択します。または、新しいフィルターの右側にある 3 つのドットを選択し、[Edit] (編集) を選択することもできます。

    フィールドのデータ型に応じて、フィルター設定のオプションが異なります。作成できるフィルタのタイプとその設定の詳細については、「Amazon QuickSight のフィルタータイプ」を参照してください。

  5. 完了したら、[Apply] を選択します。

    注記

    データプレビューでは、フィルターが最初の 1,000 行に適用されるため、組み合わされたフィルターの結果のみが表示されます。最初の 1,000 行がすべてフィルターで除外された場合、プレビューに行は表示されません。最初の 1,000 行以降の行がフィルターで除外されなかった場合でも、結果は同様です。

分析へのフィルターの追加

分析にフィルターを追加するには、以下の手順に従います。

分析にフィルターを追加するには

  1. QuickSight スタートページで、[Analyses] (分析) を選択します。

  2. [Analyses] (分析) ページで、使用する分析を選択します。

  3. 分析内で、左にある [Filter] (フィルター) を選択し、[Add filter] (フィルターを追加) した後で、フィルタリングするフィールドを選択します。

  4. 設定するには、ペインで新しいフィルタを選択します。または、新しいフィルターの右側にある 3 つのドットを選択し、[Edit] (編集) を選択することもできます。

  5. [Edit filter] (フィルターの編集) ペインが開くので、[Applied to] (適用対象) から、次のいずれかのオプションを選択します。

    • [Only this visual (このビジュアルのみ)] - このフィルタは、選択した項目のみに適用されます。

    • [Some visuals (一部のビジュアル)] - このフィルタは、有効な列マッピングを持つビジュアルに適用されます。

    • [All visuals of this dataset (このデータセットのすべてのビジュアル)] - フィルタは、このデータセットに基づくすべての項目に適用されます。

    • [All applicable visuals (適用可能なすべてのビジュアル)] - このフィルタは、有効な列マッピングを持つビジュアルに適用されます。

    残りのフィルター設定オプションは、フィールドのデータ型に応じて変わります。作成できるフィルタのタイプとその設定の詳細については、「Amazon QuickSight のフィルタータイプ」を参照してください。