データをカスタマイズするための SQL の使用 - Amazon QuickSight

データをカスタマイズするための SQL の使用

データセットを作成したり、分析用のデータを準備したりするときは、クエリエディタでデータをカスタマイズできます。

クエリエディタは、次のような複数のコンポーネントで構成されています。

  • [Query mode] (クエリモード) - 左上で、直接クエリモードと SPICE クエリモードのどちらかを選択できます。

    • 直接クエリ – データベースに対して SELECT ステートメントを直接実行します。

    • [SPICE] - メモリに保存済みのデータに対して SELECT ステートメントを実行します。

  • フィールド – このセクションで、最終データセットから削除するフィールドを無効にします。このセクションで計算フィールドを追加し、SageMaker でデータを強化できます。

  • クエリアーカイブ – このセクションで、旧バージョンの SQL クエリを検索します。

  • フィルタ – このセクションで、フィルターを追加、編集、削除します。

  • スキーマエクスプローラー – このセクションは、SQL の編集時にのみ表示されます。スキーマ、テーブル、フィールド、およびデータ型を調べるために使用できます。

  • SQL エディタ – SQL を編集するために使用します。SQL エディタでは、構文の強調表示、基本的なオートコンプリート、自動インデント、および行番号付けが可能です。SQL クエリは、SQL と互換性のあるデータソースからのデータセットに対してのみ指定できます。SQL は、構文、大文字/小文字の設定、コマンドの終了などに関するターゲットデータベースの要件に準拠する必要があります。必要に応じて、別のエディタから SQL を貼り付けることもできます。

  • データ WorkSpace – SQL エディタを閉じると、右上にデータ WorkSpace がグリッドの背景で表示されます。ここに、クエリ、テーブル、ファイル、結合エディタで作成された結合など、データオブジェクトがグラフィカルに表示されます。

    各テーブルの詳細を表示するには、データソースのオプションメニューで [Table details (テーブルの詳細)] または [Edit SQL Query (SQL クエリの編集)] を選択します。テーブル名とエイリアス、スキーマ、データソース名、およびデータソースタイプの詳細が表示されます。ファイルのアップロード設定については、データソースのオプションメニューから [Configure upload settings (アップロード設定を設定する)] を選択して、以下の設定を表示または変更します。

    • 形式 – CSV、CUSTOM、CLF などのファイル形式

    • 開始行 – 開始する行

    • テキスト修飾子 – 二重引用符または一重引用符

    • ヘッダー – ファイルにヘッダー行が含まれているかどうかを示します。

  • 行のプレビュー — 結合設定エディタが使用されていないときに、サンプル行のプレビューが右下に表示されます。

  • 結合設定エディタ – 結合エディタは、データ WorkSpace に複数のデータオブジェクトがある場合に開きます。結合を編集するには、2 つのテーブル (またはファイル) 間の結合アイコンを選択します。画面の下部にある結合設定パネルを使用して、結合タイプと結合するフィールドを選択します。次に、[Apply (適用)] を選択して結合を作成します。作業内容を保存する前に、すべての結合を完了する必要があります。

クエリ、テーブル、またはファイルをさらに追加するには、ワークスペースの上にある [Add data (データの追加)] オプションを使用します。

基本的な SQL クエリの作成

カスタム SQL クエリを使用してデータソースに接続するには、次の手順に従います。

基本的な SQL クエリを作成する

  1. 新しいデータソースを作成し、接続を検証します。

  2. 接続に必要なオプションを入力します。ただし、スキーマやテーブルを選択する必要はありません。

  3. [Use custom SQL (カスタム SQL を使用)] を選択します。

  4. (オプション) SQL エディタにクエリを入力するか、次のステップに進んで全画面表示バージョンを使用できます。ここで入力するには、クエリの名前を作成します。次に、SQL クエリをエディタに入力するか貼り付けます。SQL エディタでは、構文の強調表示、基本的なオートコンプリート、自動インデント、および行番号付けが可能です。

    (オプション) [Confirm query] (クエリの確認) をクリックしてクエリを検証し、直接クエリ、SPICE メモリ、および SageMaker の設定を表示します。

  5. [Edit/Preview data (データの編集/プレビュー)] を選択します。SQL エディタが開いた状態で、完全なクエリエディタが表示されます。クエリが処理され、クエリ結果のサンプルがデータプレビューペインに表示されます。SQL に変更を加え、[Apply (適用)] を選択して変更を確認できます。SQL の操作が終了したら、[Close (閉じる)] を選択して続行します。

  6. 上部に、データセットの名前を入力します。次に [Save & visualize (保存して視覚化)] を選択します。

既存のクエリの変更

SQL クエリを更新するには

  1. 使用するデータセットを開きます。

  2. グリッドのあるワークスペースで、既存のクエリを表すボックス型のオブジェクトを見つけます。

  3. クエリオブジェクトのオプションメニューを開き、[Edit SQL query (SQL クエリを編集)] を選択します。このオプションがリストに表示されない場合、クエリオブジェクトは SQL に基づいていません。

    以前のバージョンのクエリを表示するには、左側の [Query archive (クエリアーカイブ)] を開きます。