coalesce - Amazon QuickSight

coalesce

coalesce は、Null ではない最初の引数の値を返します。非 Null の値が検出された場合、リストの残りの引数は検証されません。引数がすべて Null の場合、結果は Null です。0 長の文字列は有効な値で、Null と同等とは見なされません。

構文

coalesce(expression1, expression2 [, expression3, ...])

引数

coalesce は、2 つ以上の式を引数として取ります。すべての式は、同じデータ型であるか、同じデータ型に暗黙的にキャストできる必要があります。

expression

式は、数値データ型、日時データ型、または文字列です。フィールド名、リテラル値、または別の関数にすることができます。

戻り型

coalesce は、同じデータ型の値を入力引数として返します。

次の例では、顧客の請求連絡先が存在する場合はその請求連絡先、請求連絡先が存在しない場合は住所を取得し、どちらも取得できない場合は "No address listed" を返します。

coalesce(billingAddress, streetAddress, 'No address listed')