Amazon Athena データを使用したデータセットの作成 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Athena データを使用したデータセットの作成

Amazon Athena データまたは Athena フェデレーティッドクエリデータに接続する新しいデータセットを作成するには、以下の手順に従います。

Amazon Athena に接続するには

  1. まず、新しいデータセットを作成します。選択データセット[] を選択します。データセット

    1. 既存の Athena 接続プロファイル (共通) を使用するには、既存のデータソースから[] セクションに移動し、使用する既存のデータソースに対応するカードを選択します。選択データセットを作成する

      カードには、Athena データソースアイコンと、接続を作成したユーザーが指定した名前が表示されます。

    2. 新しい Athena 接続プロファイル(あまり一般的ではない)を作成するには、次の手順を実行します。

      1. 新しいデータソースから[] セクションで [] を選択します。Athenaデータソースカードを使用します。

      2. を使用する場合データソース名[] で、わかりやすい名前を入力します。

      3. を使用する場合Athena ワークグループで、ワークグループを選択します。

      4. 選択接続の検証[] を選択して接続をテストします。

      5. [Create data source] を選択します。

  2. リポジトリの []テーブルを選択します。[] 画面で、以下の操作を行います。

    1. を使用する場合カタログ[] で、次のいずれかを選択します。

      • Athena フェデレーションクエリを使用している場合は、使用するカタログを選択します。

      • それ以外の場合は [] を選択します。AwsDataCatalog

    2. 次のいずれかを選択します。

      • SQL クエリを作成するには、独自 SQL の使用

      • データベースとテーブルを選択するには、データベースを含むカタログをカタログ。次に、下のドロップダウンからデータベースを選択しますデータベーステーブルを [] で選択します。テーブルリストが表示されます。

    適切なアクセス許可がない場合、次のエラーメッセージが表示されます。「このデータセットに接続するか、このクエリを実行するための十分な権限がありません。」 詳細については、QuickSight 管理者に問い合わせてください。詳細については、「Amazon Athena への接続を許可する」を参照してください。

  3. 選択データの編集/プレビュー

  4. データセットを作成し、テーブルを使用してデータを分析するには、[] を選択します。可視化。詳細については、「Amazon QuickSight ビジュアルの使用」を参照してください。