Amazon Athena データを使用したデータセットの作成 - Amazon QuickSight

重要: Amazon QuickSight 分析ワークスペースを再設計しました。 QuickSight コンソールの新しい外観を反映していないスクリーンショットや手順テキストが表示されることがあります。現在、スクリーンショットと手順のテキストを更新しています。

機能または項目を検索するには、クイック検索バーを使用します。

の新しい外観の詳細については、 QuickSight「Amazon での新しい分析エクスペリエンスの紹介 QuickSight」を参照してください。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Athena データを使用したデータセットの作成

Amazon Athena データまたは Athena フェデレーティッドクエリデータに接続する新しいデータセットを作成するには、次の手順に従います。

Amazon Athena に接続するには
  1. まず、新しいデータセットを作成します。左側のナビゲーションペインで [Datasets] (データセット) を選択し、[New Dataset] (新しいデータセット) を選択します。

    1. 既存の Athena 接続プロファイル (共通) を使用するには、[FROM EXISTING DATA SOURCES] (既存データソースから) セクションに移動し、使用する既存のデータソースのカードを選択します。[Create dataset] (データセットの作成) を選択します。

      カードには、Athena データソースアイコンと、接続を作成したユーザーによって指定された名前が表示されています。

    2. 新しい Athena 接続プロファイルを作成するには (まれなケース) 、次の手順を実行します。

      1. [FROM NEW DATA SOURCES] (新規データソースから) セクションで、Athena データソースカードを選択します。

      2. [Data source name] (データソース名) に、わかりやすい名前を入力します。

      3. [Athena workgroup] (Athena ワークグループ) には、自分のワークグループを選択します。

      4. [Validate connection (接続を検証)] を選択して、接続を検証します。

      5. [データソースを作成] を選択します。

      6. (オプション) クエリを実行する IAM ロール ARN を選択します。

  2. [Choose your table] (テーブルの選択) 画面で、以下を実行します。

    1. [Catalog] (カタログ)で、以下のいずれかを選択します。

      • Athena フェデレーションクエリを使用している場合は、使用するカタログを選択します。

      • それ以外の場合は、[AwsDataCatalog] を選択します。

    2. 次のいずれかを選択します。

      • SQL クエリを作成するには、[Use custom SQL] (カスタム SQL を使用) を選択する。

      • データベースとテーブルを選択するには、[Catalog] (カタログ) の下のドロップダウンで、自分のデータベースを含むカタログを選択する。次に、[Database] (データベース) の下のドロップダウンでデータベースを選択し、データベースで表示された [Tables] (テーブル) 一覧からテーブルを選択する。

    適切なアクセス許可を持っていない場合、「You don't have sufficient permissions to connect to this dataset or run this query. (このデータセットに接続するまたはこのクエリを実行するための十分なアクセス許可がありません。)」というエラーメッセージが表示されます。 QuickSight 管理者に連絡してサポートを依頼してください。詳細については、「Amazon Athena への接続の認可」を参照してください。

  3. [Edit/Preview data] (データの編集/プレビュー) を選択します。

  4. データセットを作成しテーブルを使用して [視覚化する] を選択し、データを分析します。詳細については、「Amazon でのデータの視覚化 QuickSight」を参照してください。