Apache Spark を使用したデータソースの作成 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Apache Spark を使用したデータソースの作成

Amazon を使用して Apache Spark に直接接続することも QuickSight、Spark SQL を使用して Spark に接続することもできます。クエリの結果、またはテーブルやビューへの直接リンクを使用して、Amazon でデータソースを作成します QuickSight。Spark 経由でデータを直接クエリする、またはクエリの結果を SPICE にインポートすることができます。

Spark 製品 QuickSight で Amazon を使用する前に、Amazon 用の Spark を設定する必要があります QuickSight。

Amazon QuickSight では、Spark サーバーを LDAP を使用して保護および認証する必要があります。LDAP は Spark バージョン 2.0 以降で使用できます。Spark が認証されていないアクセスを許可するように設定されている場合、Amazon はサーバーへの接続 QuickSight を拒否します。Amazon を Spark クライアント QuickSight として使用するには、Spark と連携するように LDAP 認証を設定する必要があります。

そのセットアップ方法については、Spark のドキュメントに記載されています。開始するには、HTTPS 経由のフロントエンド LDAP 認証を有効にするように設定する必要があります。Spark に関する一般的な情報については、Apache Spark のウェブサイトを参照してください。Spark とセキュリティに的を絞った情報については、Spark ドキュメントの「Spark Security」を参照してください。

Amazon QuickSight アクセス用にサーバーが設定されていることを確認するには、「」の手順に従いますネットワークとデータベースの設定要件