Amazon QuickSight 分析へのビジュアルの追加 - Amazon QuickSight

重要: Amazon QuickSight 分析ワークスペースを再設計しました。 QuickSight コンソールの新しい外観を反映していないスクリーンショットや手順テキストが表示されることがあります。現在、スクリーンショットと手順のテキストを更新しています。

機能または項目を検索するには、クイック検索バーを使用します。

の新しい外観の詳細については、 QuickSight「Amazon での新しい分析エクスペリエンスの紹介 QuickSight」を参照してください。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon QuickSight 分析へのビジュアルの追加

ビジュアルは、データのグラフィカル表現です。さまざまなデータセットとビジュアルタイプを使用して、分析でさまざまなビジュアルを作成できます。

ビジュアルを作成したら、さまざまな方法でビジュアルを変更して、必要に応じてカスタマイズすることができます。可能なカスタマイズには、ビジュアル要素にマップするフィールドの変更、ビジュアルタイプの変更、ビジュアルデータのソート、またはフィルターの適用などがあります。

Amazon QuickSight は、1 つの分析で最大 50 個のデータセットをサポートし、1 シートで最大 30 個のビジュアルをサポートし、分析あたり 20 シートに制限されています。

ビジュアルは複数の方法で作成できます。使用するフィールドを選択し、Amazon が最適なビジュアルタイプ QuickSight を決定 AutoGraph できるようにすることができます。または、特定のビジュアルタイプを選択して、配置するフィールドを選択できます。データが回答できる質問が不明な場合は、ツールバーで提案を選択し、Amazon が QuickSight 提案するビジュアルを選択できます。推奨されるビジュアルは、データの事前の説明に基づいて関心があると思われるビジュアルです。の詳細については AutoGraph、「」を参照してくださいの使用 AutoGraph

ワークスペースにビジュアルを追加するには、[Add (追加)]、[Add visual (ビジュアルを追加)] の順に選択します。2018 年 6 月 21 日以降に作成されたビジュアルは、サイズが小さくなり、各行に 2 つが収まります。ビジュアルのサイズを変更し、ドラッグして再配置できます。

役に立つビジュアルを作成するには、答えようとしている質問をできる限り具体的に理解しておくことが役立ちます。また、その質問に答えることができる最小のデータセットを使用することも役立ちます。そうすることで、分析しやすい単純なビジュアルを作成できます。

ディメンションおよびメジャーとしてのフィールド

[Fields list] (フィールドリスト) ペインでは、ディメンションフィールドに青色のアイコンが表示され、メジャーフィールドに緑色のアイコンが表示されます。ディメンションは、テキストフィールドまたは日付フィールドで、製品などの項目とすることができます。または、メジャーに関連する属性 (売上高の売上日など) を分割するために使用できます。測定は、測定、比較、集計に使用する数値です。通常、ディメンションフィールドとメジャーフィールドを組み合わせて、売上日 (ディメンション) 別の売上合計 (メジャー) などのビジュアルを作成します。各ビジュアルタイプで予期されるフィールドのタイプの詳細については、Amazon のビジュアルタイプ QuickSightセクションで特定のビジュアルタイプに関するトピックを参照してください。フィールドのメジャーまたはディメンションの設定の変更の詳細については、ディメンションまたはメジャーとしてのフィールドの設定を参照してください。

フィールドの制限事項

ビジュアルごとに 1 つの日付フィールドのみを使用できます。この制限はすべてのビジュアルタイプに適用されます。

ビジュアルの複数のディメンションフィールドウェルまたはドロップターゲットに同じフィールドを使用できません。フィールドウェルとドロップターゲットによってどのように予期されるフィールドタイプが示されるかについては、ビジュアルのフィールドコントロールの使用を参照してください。

フィールドの検索

[Fields list (フィールドリスト)] ペインのフィールドリストが長い場合は、特定のフィールドを検索して見つけることができます。これを行うには、[Fields list (フィールドリスト)] ペインの上部にある検索アイコンを選択し、検索ボックスに検索語を入力します。検索語を名前に含むすべてのフィールドが表示されます。検索では大文字と小文字は区別されず、ワイルドカードはサポートされていません。すべてのフィールドを表示するには、検索ボックスの右側にあるキャンセルアイコン ([X]) を選択します。

ビジュアルの追加

以下の手順に従って新しいビジュアルを作成します。

新しいビジュアルを作成する
  1. Amazon の QuickSight スタートページで、ビジュアルを追加する分析を選択します。

  2. 分析ページで、[Fields list (フィールドリスト)] ペインの上部にあるデータセットリストから、使用するデータセットを選択します。詳細については、分析へのデータセットの追加を参照してください。

  3. アプリケーションバーの [Add (追加)] を選択してから、[Add visual (ビジュアルを追加)] を選択します。

    新しい空白のビジュアルが作成され、フォーカスされます。

  4. 以下のいずれかのオプションを使用します。

    • 左の [Fields list (フィールドリスト)] ペインから、使用するフィールドを選択します。フィールドリストが表示されない場合は、[Visualize (視覚化する)] を選択して表示します。Amazon は、選択したデータに最も適していると判断したビジュアルタイプを使用してビジュアル QuickSight を作成します。

    • ビジュアルタイプを選択し、配置するフィールドを選択して、ビジュアルを作成します。

      1. [Visual types (ビジュアルタイプ)] ペインで、ビジュアルタイプのアイコンを選択します。

        視覚化されたフィールドがフィールドウェルに表示されます。

        フィールドウェルの任意の場所をクリックして開きます。

      2. [Fields list (フィールドリスト)] ペインから、使用するフィールドを適切なフィールドウェルにドラッグします。通常、対象のフィールドウェルの色で示されたとおりにディメンションフィールドまたはメジャーフィールドを使用します。[Value (値)] フィールドウェルにディメンションフィールドを配置することを選択した場合は、[Count (カウント)] 集計関数が自動的に適用され、数値が作成されます。

        Amazon は、選択したビジュアルタイプを使用してビジュアル QuickSight を作成します。

    • 提案を使用してビジュアルを作成します。

      ツールバーの [Suggested (推奨)] を選択してから、推奨されたビジュアルを選択します。