データの説明 - Amazon QuickSight

重要:Amazon QuickSight 分析ワークスペースを再設計しました。コンソールの新しい外観を反映していないスクリーンショットや手順のテキストが表示される場合があります。 QuickSight 現在、スクリーンショットと手順のテキストを更新しています。

機能または項目を検索するには、クイック検索バーを使用します。

QuickSightの新しい外観について詳しくは、「Amazon での新しい分析機能の紹介」を参照してください QuickSight。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データの説明

Amazon を使用すると QuickSight、データセット内の列 (フィールド) に関する情報またはメタデータ を追加できます。メタデータを追加することで、データセットがわかりやすく、再利用しやすくなります。これにより、データキュレーターやユーザーは、データのソースや意味を知ることができます。これは、データセットを使用するユーザーや、他のデータセットと組み合わせてダッシュボードを構築するユーザーとのコミュニケーション手段です。メタデータは、組織間で共有される情報にとって特に重要です。

データセットにメタデータを追加すると、そのデータセットを使用しているすべてのユーザーがフィールドの説明を使用できるようになります。列の説明は、アクティブにフィールドリストをブラウジングしているユーザーが、フィールド名で一時停止した際に表示されます。列の説明は、データセットや分析を編集しているユーザーには表示されますが、ダッシュボードを表示しているユーザーには表示されません。説明はフォーマットされていません。ユーザーがラインフィードや編集記号を入力し、エディタで保存します。ただし、表示される説明ツールチップでは、単語、数字、記号を表示することはできますが、フォーマットすることはできません。

列またはフィールドの説明を編集するには
  1. QuickSight スタートページで、左側のデータセットを選択します。

  2. [Datasets] (データセット) ページで、使用するデータセットを選択します。

  3. データセットの詳細ページが開くので、[Edit dataset] (データセットを編集) を選択します。

  4. 開いたデータセットのページで、下部のテーブルプレビューまたは左側のフィールドリストにある列を選択します。

  5. 説明を追加または変更するには、次のいずれかを実行します。

    • 画面の下部で、フィールド名の横にある鉛筆アイコンからフィールドの設定を開きます。

    • フィールドリストで、フィールド名の横にあるメニュー からフィールドの設定を開きます。次にコンテキストメニューから [Edit name & description (名前と説明の編集)] を選択します。

  6. フィールドの説明を追加または変更します。

    既存の説明を削除するには、[Description (説明)] ボックスのテキストをすべて削除します。

  7. (オプション) フィールド名を変更する場合は、[Name (名前)] に新しいフィールド名を入力します。

  8. [Apply (適用)] を選択して変更を保存します。終了するには、[Cancel (キャンセル)]を選択します。