Amazon QuickSight
ユーザーガイド

Amazon QuickSight ダッシュボードの埋め込み

Enterprise Edition では、拡張性と応答性に優れた分析コードを Amazon QuickSight にオフロードすることにより、埋め込みダッシュボードを使用して主要な製品のエクスペリエンスに集中できます。管理するサーバー、前払い料金、年間契約はなく、使用されていない埋め込みダッシュボードに対しての課金もありません。ダッシュボードをアプリやウェブサイトに埋め込んで、成長するユーザーベースに合わせて洞察を拡大することができます。ダッシュボードビューアの場合は、セッションごとの料金設定モデルの使用に対してのみ支払います。

すべてのユーザーが安全でパーソナライズされたダッシュボードを受け取る一方で、Amazon QuickSight にユーザー向けの固有の認証は必要ありません。埋め込みダッシュボードの閲覧者は、AWS アカウントで次のいずれかとして認証された Amazon QuickSight ユーザー (閲覧者、作成者、または管理者) になることができます。

  • Active Directory (AD) ユーザーまたはグループメンバー

  • 招待された非フェデレーティッドユーザー

  • SAML、OpenID Connect、または IAM フェデレーションを使用したフェデレーションのシングルサインオンを通じて認証された IAM ユーザーおよび IAM ロールベースセッション

ダッシュボードの埋め込みは、サポートされているすべての AWS リージョンで利用できます。コンテンツを埋め込む前に、ダッシュボードの埋め込みに使用する予定の AWS アカウントに Amazon QuickSight Enterprise エディションのサブスクリプションが必要です。アプリが AWS にも存在する場合、アプリは Amazon QuickSight サブスクリプションと同じ AWS アカウントに存在する必要はありません。ただし、アプリには、API 呼び出しに IAM のロールを引き受ける機能が必要です。

一般に、ウェブページまたはアプリにダッシュボードを埋め込むには、以下で詳しく説明する手順が必要です。

  1. Amazon QuickSight でダッシュボードを作成し、許可リストにドメインを追加します。アプリに埋め込むダッシュボードを公開します。選択したユーザーまたはグループと各ダッシュボードを共有します。次に、ダッシュボードを埋め込むウェブアプリケーションのドメインを、埋め込みが承認されているドメインのリストに追加します。Amazon QuickSight 管理者は、承認されたドメインのリストの表示または編集ができます。

  2. AWS アカウントで、埋め込みダッシュボードのビューアに対するアクセス許可を設定します。ユーザーが IAM、AWS Managed Microsoft AD、SAML、または WebIdentity を使用して認証できることを確認します。Amazon QuickSight のリーダーになり、特定の埋め込みダッシュボードを取得するアクセス許可を付与する IAM ロールを作成または選択します。これらのアクセス許可は、AWS 管理者によって設定できます。

  3. アプリケーションサーバーで、ユーザーを認証し、いずれかの AWS SDK を使用して埋め込みダッシュボードのURLを取得します。

  4. アプリケーションページに、ダッシュボードを埋め込みます。このプロセスを簡単にするために、NPMJSGitHub で利用可能な Amazon QuickSight Embedding SDK をしようできます。このカスタマイズされた JavaScript SDK は、Amazon QuickSight ダッシュボードをアプリケーションページに効率的に統合し、デフォルトを設定し、コントロールを接続し、エラーを処理できるように設計されています。

次のセクションでは、埋め込みダッシュボードを実装する方法について詳しく説明します。