ビジュアル要素に焦点を合わせる - Amazon QuickSight

ビジュアル要素に焦点を合わせる

ビジュアルを表示するときに、焦点を合わせる、または除外するデータを選択できます。この選択を実行するには、バー、バブル、行ヘッダーまたは列ヘッダーなどの要素を選択します。

データに焦点を合わせる、またはデータを除外すると、Amazon QuickSight によってフィルタが作成され、選択したデータのみが表示されます。

フィルタを削除するには、左側の [Filters (フィルタ)] を選択し、フィルタを無効にするか削除します。[Undo (元に戻す)] を使用してフィルタを削除することもできます。

ビジュアルにカテゴリ (ディメンション) を示す凡例がある場合は、凡例の値をクリックして、使用可能なアクションのメニューを表示できます。例えば、棒グラフの [Color (色)] または [Group/Color (グループ/色) ] フィールドウェルにフィールドがあるとします。棒グラフメニューには、バーをクリックまたは右クリックして選択できる次のようなアクションが表示されます。

  • ビジュアル要素に焦点を合わせる、または除外する

  • ビジュアル要素の色の変更

  • 階層へのドリルダウン

  • フィルタ処理や URL アクションなど、メニューからアクティブ化されたカスタムアクション

次のスクリーンショットは、凡例を使用してディメンションに焦点を合わせる、またはディメンションを除外する方法を示しています。