KPI の使用 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

KPI の使用

主要業績評価メトリクス (KPI) を使用して、キー値とその目標値の比較を視覚化します。

KPI には、値の比較、比較対象の 2 つの値、表示されるデータのコンテキストを示すビジュアルが表示されます。あらかじめデザインされたレイアウトの中から、ビジネスニーズに合わせて選択できます。以下の画像は、スパークラインを使用する KPI ビジュアルの例を示しています。

  1. ビジュアルペインで >Add (+) を選択します。

  2. ビジュアルタイプメニューから KPI アイコンを選択します。

KPI の機能

Amazon の KPI ビジュアルタイプでサポートされている機能を理解するには QuickSight、次の表を使用します。

機能 サポート対象? コメント 詳細情報
タイトル表示の変更 Yes のビジュアルタイプのタイトルとサブタイトル QuickSight QuickSight
タイトルの削除 Yes タイトルを表示しないように選択できます。
比較方法の変更 あり デフォルトでは、Amazon は自動的にメソッド QuickSight を選択します。設定は、自動、差異、パーセント、パーセントとしての差異です。
表示されるプライマリ値の変更 Yes 比較 (デフォルト) または実際値を選択できます。
進捗バーの表示または削除 Yes ビジュアルに進捗バーを表示する (デフォルト) か表示しないかを指定できます。

KPI フォーマットのオプションの詳細については、「KPI オプション」を参照してください

KPI を作成する

以下の手順に従って KPI を作成します。

KPI を作成する
  1. データセットに対する新しい分析を作成します。

  2. [Visual types (ビジュアルタイプ)] ペインで、KPI アイコンを選択します。

  3. [Fields list (フィールドリスト)] ペインから、使用するフィールドを適切なフィールドウェルにドラッグします。ターゲットフィールドウェルで示されているとおりに測定フィールドを使用する必要があります。ディメンションフィールドを測定として使用するように選択した場合は、[Count (カウント)] 集計関数が自動的に適用され、数値が作成されます。

    KPI を作成するには、測定を [Value (値)] フィールドウェルにドラッグします。その値をターゲット値と比較するには、別の測定を [Target value (ターゲット値)] フィールドウェルにドラッグします。

  4. (オプション) ビジュアルの右上隅にあるビジュアルのメニューを選択してから [Format Visual (ビジュアルのフォーマット)] を選択することで、フォーマットオプションを選択できます。

KPI のレイアウトの変更

以下の手順を使用して、KPI のレイアウトを変更します。

KPI のレイアウトを変更するには
  1. 変更する KPI ビジュアルに移動し、[KPI レイアウト] を選択します。

  2. [KPI レイアウト] ペインで、使用する KPI レイアウトを選択します。

以下の画像は [KPI レイアウト] メニューを示しています。