Amazon QuickSight
ユーザーガイド

SPICE 容量の管理

SPICE は、Amazon QuickSight の Super-fast, Parallel, In-memory Calculation Engine (超高速で並列のインメモリ計算エンジン) で、高度な計算を迅速に実行してデータを処理するように設計されています。データを SPICE にインポートすると、そのストレージと処理能力によって分析クエリが高速化されます。データに対して直接クエリを実行するのではなく SPICE を使用することで、時間を短縮できます。解析を変更したりビジュアルを更新したりするたびにデータを取得する必要がないため、時間を節約できます。

管理ページを使用して、全体的な SPICE 容量と使用中の容量を確認できます。SPICE 容量は AWS リージョンごとに割り当てられているため、現在選択されている AWS リージョンの情報が表示されます。

SPICE では、ユーザーが削除するまでデータが保存されます。データベースへの直接クエリを使用する代わりに、データを SPICE にインポートすることによって、パフォーマンスを向上させることができます。すべてのデータベース以外のデータセットは SPICE を使用する必要があります。Enterprise Edition では、SPICE の保管時のデータは暗号化されます。詳細については、「Amazon QuickSight でのデータの暗号化」を参照してください。

SPICE 容量は、1 つの Amazon QuickSight アカウントのユーザー全体でプールされます。すべてのデフォルト SPICE 容量はホーム AWS リージョンに割り当てられます。SPICE 容量を別途購入しない限り、他の AWS リージョンに SPICE 容量はありません。

SPICE 容量を解放するには、使用されていないデータセットを SPICE から削除します。データセットの削除の詳細については、「データセットの削除」を参照してください。

必要に応じて、追加の SPICE 容量を購入できます。Amazon QuickSight アカウントあたりの最大容量は 1 TB です。この制限に例外が必要な場合は、「AWS サービスの制限」の指示に従って制限引き上げリクエストを送信してください。また、購入済みで未使用の SPICE 容量を解放することもできます。SPICE 容量の購入または解放は、現在選択されている AWS リージョンの容量にのみ影響を与えます。追加の SPICE の料金については、Amazon QuickSight を参照してください。

SPICE の容量計画

データセットが使用する SPICE 容量は、ソースファイルまたはテーブルのサイズと同じではありません。論理サイズの計算は、データの準備中に定義したすべてのデータ型変換および計算された列の後に行われます。これらのフィールドは、クエリのパフォーマンスを向上させる方法で SPICE にマテリアライズされます。分析で行った変更は、SPICE のデータの論理サイズには影響しません。データセットに保存された変更のみが SPICE 容量に適用されます。

SPICE の容量計画では、データセットでどのデータ型を定義するかを検討します。たとえば、インポートするファイルにすべての文字列 (テキスト) が含まれている可能性があります。しかし、これらを分析で有効に活用するために、データ型を適切な形式に変更してデータを準備します。たとえば、価格を含むフィールドが文字列から 10 進値に変更され、日付を含むフィールドが文字列から日付に変更されます。変換を行うための計算を作成する場合は、元のフィールドをデータセットから削除し、フォーマットされた計算フィールドを置き換えることができます。その場合、容量計画に元のフィールドのサイズを含める必要はありません。含まれているフィールドのみが SPICE に保存されます。

注記

地理空間データ型は、メタデータを使用して物理データ型を解釈します。緯度と経度は数値です。その他のすべての地理空間カテゴリは文字列です。

データセットに必要な SPICE 容量を計算するには、行数に SPICE が行ごとに使用するバイト数を乗算します。現在、SPICE は 10 進数、int、および日付のフィールドごとに 8 バイトを必要とします。各文字列フィールド (テキスト) に対して、SPICE には 8 バイトに加えて UTF-8 でエンコードされた文字長が必要です。数式は次のようになります。

Total logical row size in bytes = (Number of Numeric Fields * 8 bytes per field) + (Number of Date Fields * 8 bytes per field) + (Number of Text Fields * (8 bytes + UTF-8 encoded character length per field) ) Total bytes of data = Number of rows * Total logical row size in bytes GB of SPICE Capacity Needed = Total bytes of data / 1,073,741,824

たとえば、SPICE にインポートする行が 5,000,000 行あるテーブルがあるとします。これには、30 個の数値フィールドと、20 個の日付フィールドと、それぞれ 100 バイトの 10 個の文字列フィールドがあります。数式は次のようになります。

Total logical row size in bytes = 1480 bytes = (30 * 8) + (20 * 8) + (10 * (8 + 100) ) Total bytes of data = 5,000,000 rows * 1480 bytes = 7,400,000,000 bytes GB of SPICE Capacity Needed = 7,400,000,000 / 1,073,741,824 = 7 GB

SPICE 容量と使用状況を表示する

以下の手順に従って、SPICE 容量と使用状況を確認します。

  1. アプリケーションバーでユーザー名を選択してから、[Manage QuickSight] を選択します。

    注記

    SPICE の残量が少なくなっている場合は、[Your Data Sets] ページと [Create a Data Set] ページに表示される [Buy SPICE] アラートを選択することもできます。

  2. [SPICE Capacity] を選択します。

  3. [Total SPICE Capacity] メーターを使用して、SPICE の容量をタイプ別に表示します。容量のタイプは以下のとおりです。

    • 無料利用枠: Amazon QuickSight のアカウントごとに取得する無料ユーザーに関連付けられる 1 GB の容量です。

    • 無料バンドル: 有料ユーザーに関連付けられるデフォルト容量の合計です。1 有料ユーザーあたり 10 GB のデフォルト SPICE 容量が割り当てられます。

    • 購入: 購入した追加 SPICE 容量です。

    メーターの任意の部分をポイントすると、その容量タイプの詳細が表示されます。

  4. [SPICE Usage] メーターを使用して、SPICE の使用状況をタイプ別に表示します。使用状況のタイプは以下のとおりです。

    • 使用済み容量: 1 ユーザーあたりのデフォルト SPICE 容量の使用済み部分です。

    • 未使用容量: 1 ユーザーあたりのデフォルト SPICE 容量の未使用部分です。

    • 解放可能な未使用容量: 購入済みで未使用の容量であり、コスト削減のために解放できます。

    メーターの任意の部分をポイントすると、その使用状況タイプの詳細が表示されます。

SPICE 容量を購入する

以下の手順に従って、追加の SPICE 容量を購入します。

  1. アプリケーションバーでユーザー名を選択してから、[Manage QuickSight] を選択します。

    注記

    SPICE の残量が少なくなっている場合は、[Your Data Sets] ページと [Create a Data Set] ページに表示される [Buy SPICE] アラートを選択することもできます。

  2. [SPICE Capacity] を選択します。

  3. [Purchase more capacity] を選択します。

  4. [ How much SPICE capacity do you need? (SPICE 容量はどれだけ必要ですか?)] で、購入するギガバイト (GB) 数を入力します。

  5. [Purchase SPICE capacity] を選択します。

SPICE 容量を解放する

以下の手順に従って、購入済みで未使用の SPICE 容量を解放します。

  1. 開始する前に、解放する SPICE 容量を使用しているデータセットを削除します。データセットの削除の詳細については、「データセットの削除」を参照してください。

  2. アプリケーションバーでユーザー名を選択してから、[Manage QuickSight] を選択します。

  3. [SPICE Capacity] を選択します。

  4. [Release unused purchased capacity] を選択します。

  5. [How much SPICE capacity do you need to release? (解放する SPICE 容量はどれだけですか?)] で、購入済みで未使用の容量をすべて解放する場合は [Release all (すべて解放)] を選択します。または、[Release <amount> GB (GB を解放)] を選択し、解放するギガバイト (GB) の数を入力します。

  6. [Release SPICE capacity] を選択します。