Amazon QuickSight での評価の順序 - Amazon QuickSight

Amazon QuickSight での評価の順序

分析を開いたり更新したりする際、Amazon QuickSight は、それらが表示される前に、分析内で設定されたすべてを、特定の順序で評価します。Amazon QuickSight は、この設定をデータベースエンジンで実行可能なクエリに変換します。クエリは、データベース、Software as a Service (SaaS) ソース、または Amazon QuickSight 分析エンジン (SPICE) のどれに接続するかにかかわらず、同様の方法でデータを返します。

設定が評価される順序を理解すると、特定のフィルタまたは計算がいつデータに適用されるかを決める順序がわかります。

次の図は、評価の順序を示しています。左側の列には、レベルアウェア計算の、ウィンドウ (LAC-W) あるいは集計 (LAC-A) 関数が含まれていない場合の、評価の順序が表示されます。2 番目の列には、事前フィルター (PRE_FILTER) レベルで LAC-W 式が計算される計算済みフィールドを含む分析に関する、評価の順序が表示されます。3 番目の列には、事前集計 (PRE_AGG) レベルで LAC-W 式が計算される計算済みフィールドを含む分析に関する、評価の順序が表示されます。最後の列には、LAC-A 式が計算される計算済みフィールドを含む分析についての、評価の順序が表示されます。図の後に、評価の順序の詳細な説明があります。レベルアウェア計算の詳細については、「Amazon QuickSight でのレベルアウェア計算の使用」を参照してください。

次のリストは、Amazon QuickSight が設定を分析に適用する順序を示したものです。データセットレベルの計算、フィルタ、セキュリティ設定など、データセットに設定されるすべての処理は、分析の外部で行われます。これらはすべて基盤となるデータに適用されます。次のリストでは、分析の内部で行われることについてのみ説明します。

  1. LAC-W 事前フィルターレベル: 分析フィルターより前に、元のテーブルの濃度によりデータを評価します。

    1. 単純な計算: 集計やウィンドウ計算を行わないスカラーレベルでの計算。例えば、date_metric/60, parseDate(date, 'yyyy/MM/dd'), ifelse(metric > 0, metric, 0), split(string_column, '|' 0) です。

    2. LAC-W 関数 PRE_FILTER: LAC-W PRE_FILTER 式がビジュアル内で使用されている場合、Amazon QuickSight は、すべてのフィルターより前に、まず元のテーブルレベルでウィンドウ関数を計算します。LAC-W PRE_FILTER 式がフィルタで使用されている場合、その式は、この時点で適用されます。例えば、maxOver(Population, [State, County], PRE_FILTER) > 1000 です。

  2. LAC-W PRE_AGG: 集計の前に、元のテーブルの濃度によりデータを評価します。

    1. 解析中に追加されたフィルタ:ビジュアルの非集計フィールド用に作成されたフィルタは、この時点で適用されます。これは WHERE 句に似ています。例えば、year > 2020 です。

    2. LAC-W 関数 PRE_AGG: いずれかの LAC-W PRE_AGG 式がビジュアルで使用されている場合、Amazon QuickSight は、集計を適用するより前にウィンドウ関数を計算します。フィルタで使用されている LAC-W PRE_AGG 式は、この時点で適用されます。例えば、maxOver(Population, [State, County], PRE_AGG) > 1000 です。

    3. 上部/下部の N フィルタ: 上部と下部の N 個の項目を表示するためのディメンションで設定されるフィルタです。

  3. LAC-Aレベル: ビジュアルでの集計より前に、カスタマイズされたレベルで集計を評価します。

    1. カスタムレベルの集計: ビジュアルで使用されている LAC-A 式は、この時点で計算されます。上記の各フィルターの後のテーブルに基づいて、Amazon QuickSight は、計算済みフィールドで指定されているディメンションでグループ化された集計を計算します。例えば、max(Sales, [Region]) です。

  4. ビジュアルレベル: ビジュアルに適用された残りの設定を使用して、ビジュアルレベルで集計を評価し、集計後の表計算を評価します。

    1. ビジュアルレベルの集計: 表形式 (ディメンションが空) のテーブルを除き、ビジュアルでの集計は常に適用される必要があります。この設定では、フィールドウェル内のフィールドに基づき集計が計算され、ビジュアルに配置されたディメンションによってグループ化されます。集計の上に構築されているフィルターは、この時点で適用されます。これは HAVING 句と同様です、例えば、min(distance) > 100 です。

    2. テーブル計算:ビジュアルで参照される (集計後の表現をオペランドとして取る) 集計後の表計算がある場合、この時点で計算されます。Amazon QuickSight は、ヴィジュアルの集計の後にウィンドウ計算を実行します。また、これらの計算に基づいて構築されたフィルタも適用されます。

    3. その他のカテゴリの計算: このタイプの計算は、折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフ、ドーナツグラフに対してのみ存在します。詳細については、「ビジュアルの表示制限」 を参照してください。

    4. 合計と小計: 合計と小計は、必要に応じてドーナツグラフ (合計についてのみ)、テーブル (合計についてのみ)、およびピボットテーブルで計算されます。