カスタムアクションの修復 - Amazon QuickSight

重要: Amazon QuickSight 分析ワークスペースを再設計しました。 QuickSight コンソールの新しい外観を反映していないスクリーンショットや手順テキストが表示されることがあります。現在、スクリーンショットと手順のテキストを更新しています。

機能または項目を検索するには、クイック検索バーを使用します。

の新しい外観の詳細については、 QuickSight「Amazon での新しい分析エクスペリエンスの紹介 QuickSight」を参照してください。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

カスタムアクションの修復

カスタムアクションが機能するには、そのアクションが参照しているすべてのフィールドとパラメータが、親ウィジェットでアクティブになっている必要があります。ソースウィジェットにフィールドがない場合、または分析でパラメータが欠落している場合、そのフィールドまたはパラメータのアクションは使用できなくなります。メニューアクションは、コンテキストメニューに含まれなくなりました。選択アクションは、対話の試みに応答しなくなりました。ただし、他のすべての方法では、ウィジェットは引き続き機能します。ユーザーにエラーは表示されません。破損したフィルターアクションと URL アクションを修正するには、欠落したフィールドを破損したビジュアルまたはインサイトに追加し直します。

以下の手順では、アクションを更新することなくフィールドまたはパラメータが削除されたために破損したアクションを修正する方法について説明します。この手順では、この問題を解決するための基本的なガイダンスを紹介しますが、分析の変更方法、および変更を施すべきかどうかについては、ご自分で判断してください。不明な場合は、変更する前にQuickSight 管理者にサポートを依頼することをお勧めします。例えば、分析の以前のバージョンを復元する方法があるかもしれません。分析に何が起きたのかがわからない場合、こちらの方が安全である可能性があります。

破損したアクションからフィールドを削除する
  1. スタートページで、[Analyses (分析)] を選択します。次に、その分析を選択して修正します。

  2. アクションが機能しなくなったビジュアルまたはインサイトを選択します。それがシート上でハイライト表示されていることを確認します。

  3. [Actions (アクション)] を選択します。

  4. 修正するアクションを見つけ、 、[Edit(編集)] を選択します。

  5. アクションタイプがフィルターアクションで、[the field used by this action was removed (このアクションで使用されたフィールドは削除されました)] というエラーが表示された場合、[Filter scope (フィルター範囲)] の設定をチェックします。[Selected fields (選択されたフィールド)] に表示されるのは、ビジュアル内にあるフィールドのみです。削除された選択されたフィールドを無効にするには、次のいずれかを選択します。

    • [Filter scope (フィルター範囲)] の設定を [All fields (すべてのフィールド)] に変更します。これにより、ウィジェットはすべてのフィールドでフィルタリングできるようになります。

    • [Selected fields (選択されたフィールド)] の一覧を使用する場合は、フィールドの一覧を確認します。別のフィールドを含める必要がある場合は、先にビジュアルに追加しておく必要があります。

  6. アクションタイプがナビゲーションアクションの場合、エラーメッセージのガイダンスに従います。このメッセージには、エラーの原因となった変更のタイプが反映されています。

  7. アクションタイプがURL アクションの場合、URL の設定で、二重山括弧で括られた変数 (<<FIELD-OR-$PARAMETER>) をチェックします。 を選択し、使用可能な変数の一覧を開きます。一覧にないフィールドまたはパラメータを削除します。一致するURL パラメータとそのセパレータ (最初の URL パラメータは ?、後続のパラメータは &) も忘れずに削除します。以下の例では、ビジュアルから Product という名前のフィールドを削除した場合、どの部分が削除されるかを (太字で) 示したものです。

    https://www.example.com/examplefunction?q=<<Product>
    https://www.example.com/examplefunction?q=<<Product>&uact=<<$CSN>
    https://www.example.com/examplefunction?pass=yes&q=<<Product>+<<City>&oq=<<Product>+<<City>&uact=<<$CSN>

    必ず、新しい URL をテストします。

  8. (オプション) アクションを削除する場合は、最後までスクロールして [Delete] (削除) をクリックします。

  9. 完了したら、アクションに対する変更を確認します。[Action (アクション)] ペインの一番下までスクロールし、[保存] を選択します。

    関連付けられたダッシュボードにもエラーが存在する場合は、ダッシュボードを共有して公開し、修正を反映させます。