データセットの共有 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データセットの共有

他の Amazon QuickSight ユーザーおよびグループとデータセットを共有することによって、データセットへのアクセス権を与えることができます。これにより、他のユーザーやグループはデータセットから分析を作成できます。共同所有者としての他のユーザーやグループも、データセットの更新、編集、削除、または再共有を実行できます。

データセットの共有

以下の手順に従って、データセットを共有します。

データセットを共有するには

  1. リポジトリの []データセット[] ページで、データセットを選択します。次に [] を選択します。共有(このデータセットが誰とも共有されていない場合)。または、<X>ユーザーと共有(データセットが他のユーザーと共有されている場合)。

  2. [Invite Users] を選択します。

  3. このデータセットを共有するユーザーまたはグループを入力します。次に、追加のアイコンを選択します。招待できるのは、同じ Amazon QuickSight アカウントに属しているユーザーのみです。

    データセットを共有するすべてのユーザーの情報を入力するまで、この手順を繰り返します。

  4. を使用する場合アクセス許可で、ユーザーまたはグループごとにロールを選択し、データセットに対するアクセス権限を付与します。

    選択ユーザー[] を選択すると、そのユーザーはそのデータセットから分析を作成できます。選択所有者それに加えて、そのユーザーはデータセットの更新、編集、削除、および再共有もできます。

  5. [Share] を選択します。

    ユーザーは、データセットへのリンクを含む E メールを受信します。グループの場合は招待メールを受信しません。

データセットの共有先ユーザーのアクセス権限の表示および編集

データセットに [Owner] のアクセス許可があるユーザーは、以下の手順に従って、ユーザーのデータセットへのアクセス許可の表示、または変更を実行できます。

データセットの所有者権限がある場合に、データセットへのユーザーアクセスを表示、編集、または変更するには

  1. リポジトリの []データセット[] ページで、データセットを選択します。次に [] を選択します。共有(このデータセットが誰とも共有されていない場合)。または、<X>ユーザーと共有(データセットが他のユーザーと共有されている場合)。

    データセットへのアクセス権を持つすべてのユーザーのリストが表示されます。

  2. (オプション) ロールを変更するには、ユーザーまたはグループの横にある [Permission] (アクセス許可) 列でフィールドを選択します。次に、[User] (ユーザー) または [Owner] (所有者) のいずれかを選択します。

データセットへのアクセス権の取り消し

データセットに [Owner] のアクセス許可があるユーザーは、以下の手順に従って、ユーザーのデータセットへのアクセス許可を取り消すことができます。

データセットの所有者権限がある場合に、データセットへのユーザーアクセスを取り消すには

  1. リポジトリの []データセット[] ページで、データセットを選択します。次に [] を選択します。共有(このデータセットが誰とも共有されていない場合)。または、<X>ユーザーと共有(データセットが他のユーザーと共有されている場合)。

    データセットへのアクセス権を持つすべてのユーザーのリストが表示されます。

  2. ユーザーの [Actions] 列で、[Revoke access] を選択します。