Amazon QuickSight でのテーマの使用 - Amazon QuickSight

Amazon QuickSight でのテーマの使用

Amazon QuickSight のテーマは、複数の分析とダッシュボードに適用できる設定のコレクションです。Amazon QuickSight にはいくつかのテーマが含まれています。また、テーマエディタを使うと独自のテーマを追加できます。テーマは、ユーザーまたは所有者に設定されたアクセス許可レベルで共有できます。テーマにアクセスできるユーザーは、そのテーマを分析やダッシュボードに適用したり、[Save as (名前を付けて保存)] を使用して独自のコピーを作成したりできます。テーマの所有者は、テーマを編集して他のユーザーと共有することもできます。

分析に適用できるテーマは 1 つのみです。分析にテーマを適用すると ( [Apply (適用)] ボタンを使用)、すべてのユーザー (分析およびダッシュボードの両方の表示者向け) のテーマが即座に変更されます。カラーオプションを適用せずに閲覧して保存するには、適用したテーマを編集して保存しないでください。

すべての色は、背景色と前景色のペアで表示されます。前景色は、対応する背景色の上に具体的に表示されることを意図しているため、コントラストが良いものを選択してください。

次の表では、さまざまな設定を定義しています。

グループ 設定 設定が変更する事柄

メイン

プライマリ背景

ビジュアルやその他の強く強調する UI に使用される背景色。

メイン

プライマリ前景

グリッド線、枠線、表の結合、アイコンなど、主要な背景領域に表示されるテキストやその他の前景要素の色。

メイン

セカンダリ背景

シートの背景とシートのコントロールに使用される背景色。

メイン

セカンダリ前景

セカンダリ背景上に表示されるシートタイトル、シートコントロールテキスト、または UI に使用される前景色。

メイン

アクセント

この設定は、次の対話的なヒントとして使用されます。
  • ボタン

  • 選択したビジュアルの周囲の罫線

  • ロード中のインジケータ

  • ナレーションのカスタマイズ

  • リンク

  • 埋め込みダッシュボードのフィルタウィンドウ

メイン

アクセント前景

前景色は、アクセントカラーの上に表示されるテキストやその他の要素に適用されます。
メイン フォント すべてのテキストに使用するフォントを指定します。Amazon QuickSight でサポートされているさまざまなフォントから選択できます。

データ

データの色

これらは、グループに色を割り当てるときにグラフが回転するデータ色です。このリストに色を追加または削除したり、色を選択して変更することができます。

データ

最小最大の勾配

ヒートマップなど勾配をスケールとして使用するときに使うデフォルトの最小および最大の勾配色。

データ

空の塗りつぶしの色

これは、データ不足を示すためにデータ色で使用される色です。例えば、この色は、主要業績表示 (KPI) およびゲージチャートに表示される進行状況バーの空の部分、または空のヒートマップセルに表示されます。

レイアウト

ボーダー

この設定は、現在選択されていないビジュアルの周囲の境界線を切り替えます。選択したビジュアルの境界線には、引き続きアクセントの色が表示されます。

レイアウト

マージン

この設定は、シート境界とビジュアルの間でスペースを切り替えます。

レイアウト

Gutter (ガーター)

この設定では、グリッド内のビジュアル間のスペースを表示または非表示にします。

その他

成功

成功フォアグラウンド

この色は、ダウンロードの成功を示すチェックマークなど、成功メッセージに使用されます。

その他

警告

警告フォアグラウンド

この色は、警告メッセージおよび情報メッセージに使用されます。

その他

危険

危険フォアグラウンド

これらの色は、エラーメッセージに使用されます。

その他

ディメンション

ディメンションフォアグラウンド

この色は、ディメンションとして識別されるフィールドの名前に使用されます。このオプションは、埋め込みダッシュボードのフィルターパネルのディメンションの色も設定します。

その他

メジャー

メジャーフォアグラウンド

この色は、メジャーとして識別されるフィールドの名前に使用されます。このオプションは、埋め込みダッシュボードのフィルターパネルのメジャーの色も設定します。

テーマの表示者と編集者の簡易版ツアーを見るには

  1. 分析を開くか、新しい分析を作成します。テーマを操作するには、分析を開いておく必要があります。ただし、テーマが適用されたビューはプレビューに過ぎません。

    テーマは分析とは別のものです。テーマを保存しても、分析は変更されません。

  2. 左側の [Themes (テーマ)] を選択します。テーマパネルが開きます。

  3. テーマの一覧には、次の項目が表示されます。

    • [Applied theme (適用されたテーマ)] には、この分析とそのダッシュボードに現在適用されているテーマが表示されます。

    • [My themes (マイテーマ)] には、自分が作成したテーマと、自分と共有しているテーマが表示されます。

    • [Starter themes (スターターテーマ)] は、Amazon QuickSight によって作成されたテーマが表示されます。

  4. 各テーマにはコンテキストメニューがあり、...アイコンからアクセスできます。

    各テーマで使用できるアクションは、アクセスレベルによって異なります。

    • テーマの所有者 - テーマを作成すると、または誰かがあなたにテーマを共有してあなたを所有者にすると、次の操作を実行できます。

      • 編集 - テーマの設定を変更し、保存します。

      • 保存 - テーマに加えた変更を保存します。適用されたテーマを編集して変更を保存すると、新しいテーマ設定は、そのテーマを使用するすべての分析とダッシュボードに適用されます。適用したテーマを上書きする前に、情報メッセージが表示されます。

      • 共有 - テーマを共有し、ユーザーまたは所有者のアクセス許可を他のユーザーに割り当てます。

      • 削除 - ファイルを削除します。このアクションは元に戻すことができません。削除を確定する前に、情報メッセージが表示されます。

    • テーマユーザー - 他のユーザーがテーマを共有した場合、またはそれが Amazon QuickSight テーマである場合、次を実行できます。

      • 適用 - テーマを現在の分析に適用します。このオプションでは、分析から作成されたダッシュボードにもテーマが適用されます。適用したテーマを上書きする前に、情報メッセージが表示されます。

      • 名前を付けて保存 - 現在のテーマを別の名前で保存し、編集できるようにします。

    • 分析の作成者 - 分析にはアクセスできるがテーマにはアクセスできない場合は、次の操作を実行できます。

      • テーマを適用した分析を確認できます。

      • テーマは [Theme (テーマ)] パネルに表示されます。

      • [Save as (名前を付けて保存)] を使用して、テーマの独自のコピーを作成できます。

    • ダッシュボードの表示者 - ダッシュボードにはアクセスできるがテーマにはアクセスできない場合は、次の操作を実行できます。

      • テーマが適用されたダッシュボードを確認できます。

      • テーマまたはその設定は確認できません。ダッシュボードユーザーは、[Theme (テーマ)] パネルを表示できません。

  5. テーマの設定を調べるには、左側のアイコンを選択して色の設定を表示します。

次の手順では、テーマを作成する手順について説明します。色のプレビューに使用する分析または分析のコピーから開始できます。または、新しい分析を開始することもできます。テーマを保存した後、現在の分析または他の分析に適用できます。テーマを共有すると、他のユーザーもそれを使用することができます。

テーマエディタを使用するには

  1. 分析を開くか、新しい分析を作成します。左側の [Themes (テーマ)] を選択します。

    テーマを操作するには、分析を開いておく必要があります。ただし、テーマが適用されたビューはプレビューに過ぎません。テーマは分析とは別のものです。テーマを保存しても、分析は変更されません。

  2. [Main (メイン)] を選択します。これらの各設定で使用されるカラーピッカーは、Amazon QuickSight 全体で使用される標準のカラーピッカーです。

    ビジュアルおよびその他の高い影響力のある UI で使用するプライマリ背景プライマリ前景の色を設定します。

    シートおよびシートコントロールで使用するセカンダリ背景およびセカンダリ前景の色を設定します。

    ボタン、選択したビジュアルの周囲の枠線、読み込みインジケータ、ナレーションのカスタマイズ、リンク、埋め込みダッシュボードのフィルタウィンドウなどの対話型ヒントで使用する [Accent (アクセント)] と [Accent foreground (アクセントフォアグラウンド)] の色を設定します。

  3. [Data (データ)] を選択します。

    データカラーとして使用する [Colors (色)] を設定します。色を割り当てると、グラフが回転します。色を追加または削除したり、ドラッグ & ドロップして色の順序を変更したりできます。既存のカラーを変更するには、カラーを選択してカラーエディタを開きます。

    ヒートマップなど、グラデーションをスケールとして使用するときに使用する [Min max gradient (最小最大のグラデーション)] カラーを設定します。

    進行状況バーの未塗りつぶし部分など、データ不足を示すときに使用する [Empty fill (空の塗りつぶし)] の色を設定します。

  4. [Layout (レイアウト)] を選択します。

    [Border (罫線)] チェックボックスをオンまたはオフにして、現在選択されていないビジュアルの周囲の罫線を表示または非表示にします。

    [Margin (余白)] チェックボックスをオンまたはオフにして、シートの境界とビジュアルの間のスペースを表示または非表示にします。

    グリッド内のビジュアル間のスペースを表示または非表示にするには、[Gutter (ガーター)] チェックボックスを有効または無効にします。

  5. [Other (その他)] を選択します。

    .csv ファイルを正常にダウンロードできたときなどの成功メッセージに使用される [Success (成功)] の色を設定します。成功の前景色は現在使用されていません。

    警告メッセージおよび情報メッセージで使用する [Warning (警告)] の色を設定します。警告の前景色は現在使用されていません。

    エラーメッセージで使用する [Danger (危険)] の色を設定します。危険の前景色は現在使用されていません。

    ディメンションとして識別されるフィールドの名前に使用する [Dimension (ディメンション)] の色を設定します。このオプションは、埋め込みダッシュボードのフィルターパネルのディメンションの色も設定します。

    メジャーとして識別されるフィールドの名前に使用する [Measure] (メジャー) の色を設定します。このオプションは、埋め込みダッシュボードのフィルタパネルのメジャーの色も設定します。

  6. テーマを保存するには、[Main (メイン)] を選択して新しいテーマに名前を付け、ブラウザの右上にある [Save (保存)] を選択します。

    テーマを保存しても、現在の分析を使用する色のプレビューが表示されていても、そのテーマは分析に適用されません。

  7. テーマを共有するには、表示しているテーマを保存するか閉じます。テーマコレクションでテーマを見つけます。コンテキストメニュー (…) から [Share (共有)] を選択します 。

  8. テーマを適用するには、表示しているテーマを保存するか閉じます。テーマコレクションでテーマを見つけます。コンテキストメニュー (…) から [Apply (適用)] を選択します 。