サポートされていない日付またはカスタムの日付の使用 - Amazon QuickSight

サポートされていない日付またはカスタムの日付の使用

Amazon QuickSight では、限られた数の日付書式がネイティブでサポートされています。ただし、返されるデータの書式を必ずしも制御できるわけではありません。データにサポートされていない書式の日付が含まれる場合は、Amazon QuickSight でその解釈方法を指定します。

そのためには、データセットを編集し、列の書式をテキストまたは数値から日付に変更します。この変更を行った後に表示される画面で、その書式を入力できます。例えば、リレーショナルデータソースを使用している場合は、"09-19-2017" を含むテキストフィールドに対して MM-dd-yyyy を指定できるため、2017-09-19T00:00:00.000Z と解釈されます。非リレーショナルデータソースを使用している場合は、数値フィールドまたはテキストフィールドから始めて同様の処理を行うことができます。

Amazon QuickSight では、リレーショナル (SQL) ソースに対してのテキストから日付への変更のみがサポートされています。

サポートされている日付書式の詳細については、サポートされている日付書式を参照してください。

以下の手順に従って、Amazon QuickSight で各種書式の日付が解釈されるようにします。

  1. サポートされていない日付書式を含むデータセットに対して、以下のようにデータを編集します。日時データを含む列に対して、データ型をテキストから日付に変更します。そのためには、データプレビューで列名の下にある色分けされたデータ型アイコンを選択します。

    注記

    Unix エポック日時でない整数の日付は、そのままでは機能しません。例えば、MMddyyMMddyyyyddMMyyddMMyyyyyyMMdd の書式は整数としてサポートされていません。その回避方法は、まずそれらの書式を文字列書式に変更することです。すべての行に 5 桁ではなく 6 桁の数字が含まれていることを確認します。データ型をテキストから日時に変更します。

    Unix エポック日時の詳細については、epochDateを参照してください。

    データ型を日付に変更すると、[Edit date format (日付書式の編集)] 画面が表示されます。

  2. 日付書式を入力し、どの部分が月、日、年、または時刻かを示します。書式では大文字と小文字が区別されます。

  3. [Validate (検証)] を選択し、Amazon QuickSight が指定した書式で日時データを解釈することを確認します。検証されない行はスキップされ、データセットから省略されます。

  4. 結果に満足したら、[Update (更新)] を選択します。それ以外の場合は、[Close (閉じる)] を選択します。