AWS での SAP HANA
クイックスタートリファレンスデプロイガイド

AWS クラウドでの SAP HANA: クイックスタートリファレンスデプロイ

デプロイガイド

Sabareesan Radhakrishnan、Karthik Krishnan - アマゾン ウェブ サービス、ソリューションアーキテクト

2014 年 7 月 (最終更新日: 2017 年 9 月)

SAP HANA Platform Edition 1 SPS 9– 12 と SAP HANA Platform Edition 2 SPS 0–2* をサポート

(* 現在のところ、SAP HANA 2 SPS 2 の RHEL へのデプロイはサポートされていません)

このクイックスタートリファレンスデプロイガイドでは、AWS CloudFormation テンプレートを使用して SAP HANA をアマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドにデプロイする詳細な手順を示します。クイックスタートは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) などの AWS リソースをプロビジョンすることで、SAP HANA 用の AWS 環境を構築および設定します。

このガイドは、AWS クラウドで SAP HANA ワークロードの実装や拡張を検討している IT インフラストラクチャアーキテクト、システム管理者、SAP Basis アーキテクト、SAP Basis 管理者を対象としています。

注記

SAP Business One, version for SAP HANA を実装する場合は、『SAP Business One, version for SAP HANA クイックスタートリファレンスデプロイガイド』の手順に従います。

以下のリンクは参考情報です。クイックスタートを起動する前に、アーキテクチャ、設定、ネットワークセキュリティなどの、このガイドで説明されている考慮事項を確認してください。

  • AWS アカウントがあり、AWS サービスと SAP HANA にすでに精通している場合は、クイックスタートを起動して、図 1 で示しているアーキテクチャを新しい Virtual Private Cloud (VPC) で構築できます。SUSE Linux Enterprise Server (SLES) または Red Hat Enterprise Linux (RHEL) オペレーティングシステムを選択できます (「制限事項とサブスクリプション情報」を参照)。デプロイには、単一ノードデプロイでは約 25 分、マルチノードデプロイでは 35 ~ 60 分かかります。AWS または SAP HANA を初めて使用する場合は、実装の詳細を確認し、このガイドの後半にある「手順」に従ってください。

     

         

     

  • デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートの内容を見る場合は、テンプレートを表示できます。

     

         

注記

クイックスタートリファレンスデプロイを実行する際は、AWS サービスの利用料金を負担する必要があります。価格は変更されることがあります。詳細については、「コストとライセンス」セクションや使用する AWS のサービスの料金表ページを参照してください。

クイックスタートについて

クイックスタートは、AWS クラウドでの主要なワークロード用の自動化リファレンスデプロイです。各クイックスタートでは、セキュリティと可用性に関する AWS ベストプラクティスに沿って、AWS で特定のワークロードをデプロイするために必要な AWS のコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、その他のサービスを起動、設定、実行します。

このページの内容: