Amazon Route 53 Application Recovery Controller のゾーンシフト - Amazon Route 53 Application Recovery Controller

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Route 53 Application Recovery Controller のゾーンシフト

Amazon Route 53 Application Recovery Controller のゾーンシフトを使用すると、Elastic Load Balancing リソースのトラフィックを のアベイラビリティーゾーンから遠ざけて AWS リージョン、問題をすばやく軽減し、アプリケーションをすばやく復旧できます。この機能を使用するには、Elastic Load Balancing リソースでクロスゾーン負荷分散がオフになっている必要があります。

リージョン内の複数の (通常は 3 つの) AZs のロードバランサーで AWS アプリケーションをデプロイして実行すると、ゾーンシフトを開始することで、障害が発生した AZ でアプリケーションをすばやく復旧できます。アプリケーショントラフィックを正常な AZs に移行すると、停電、または AZ のハードウェアやソフトウェアの問題による影響の期間と重要度が軽減されます。

例えば、不適切なデプロイによってレイテンシーの問題が発生している場合や、アベイラビリティーゾーンに障害が発生している場合などに、トラフィックをシフトすることを選択できます。ゾーンシフトでは事前の設定手順は必要ありませんが、シフト元のアベイラビリティーゾーンを使用せずにクライアントロードを処理するには、 AWS 設定でサポートする必要があります。サポートされているロードバランサーリソースは Amazon Route 53 Application Recovery Controller に自動的に登録されるため、必要に応じてロードバランサーのゾーンシフトを簡単に開始できます。

ゾーンシフトを開始するには、セットアップや設定は必要ありません。トラフィックをアベイラビリティーゾーンから遠ざけるのに十分な容量があることを確認したら、遠ざけるアベイラビリティーゾーンとトラフィックを遠ざけるリソースを選択し、ゾーンシフトを開始します。シフトはいつでもキャンセルでき、トラフィックがアベイラビリティーゾーンに戻り始めることができます。

ゾーンシフトはすべて一時的な緩和策です。ゾーンシフトを開始するときに、1 時間から 3 日 (72 時間) まで初期有効期限を設定します。この有効期限は、トラフィックシフトを続行する必要がある場合に延長できます。

いくつかの特定のシナリオでは、ゾーンシフトは AZ からのトラフィックをシフトしないことに注意してください。ゾーンシフトのサポートに関する詳細は、「ゾーンシフトおよびゾーンオートシフトでサポートされているリソース」を参照してください。