WLM 設定の変更 - Amazon Redshift

WLM 設定の変更

WLM の設定を変更する最も簡単な方法は、Amazon Redshift コンソールを使用することです。AWS CLI または Amazon Redshift API を使用することもできます。

クラスターの自動 WLM と手動 WLM を切り替えると、クラスターは pending reboot 状態になります。次のクラスターを再起動するまで、変更は有効になりません。

WLM 設定の変更についての詳細は、Amazon Redshift クラスター管理ガイドワークロード管理の設定を参照してください。

手動 WLM から自動 WLM に移行する

システムのスループットを最大化し、リソースを最も効果的に使用するには、キューに自動 WLM を設定することをお勧めします。手動 WLM から自動 WLM へのスムーズな移行をセットアップするには、次のアプローチを検討してください。

手動 WLM から自動 WLM に移行し、クエリの優先度を使用するには、新しいパラメータグループを作成し、そのパラメーターグループをクラスターにアタッチすることをお勧めします。詳細については、Amazon Redshift クラスター管理ガイド.の Amazon Redshift パラメータグループを参照してください。

重要

パラメータグループを変更したり、手動から自動 WLM に切り替えたりするには、クラスターを再起動する必要があります。詳細については、「WLM の動的設定プロパティと静的設定プロパティ」を参照してください。

3 つの手動 WLM キューがある例を見てみましょう。ETL ワークロード、分析ワークロード、およびデータサイエンスワークロードごとに 1 つ。ETL ワークロードは 6 時間ごとに実行され、分析ワークロードは終日実行されており、データサイエンスワークロードはいつでも急増する可能性があります。手動 WLM では、ビジネスに対する各ワークロードの重要性の理解に基づいて、各ワークロードキューが取得するメモリと同時実行性を指​​定します。メモリと同時実行性を指​​定することは理解するのが難しいだけでなく、クラスターリソースが静的に分割され、ワー​​クロードのサブセットのみが実行されているときに無駄になることにもなります。

クエリの優先度を指定した自動 WLMを使用して、ワークロードの相対的な優先度を示し、前述の問題を回避できます。この例では、以下のステップを行います。

  • 新しいパラメータグループを作成し、[Auto WLM] モードに切り替えます。

  • ETL ワークロード、分析ワークロード、データサイエンスワークロードの 3 つのワークロードのそれぞれにキューを追加します。手動 WLM モードで使用されたワークロードごとに、同じユーザーグループを使用します。

  • ETL ワークロードの優先度を High、分析ワークロードは Normal、データサイエンスは Low に設定します。これらの優先順位は、さまざまなワークロードまたはユーザーグループに対するビジネスの優先順位を反映しています。

  • オプションで、ETL ワークロードが 6 時間ごとに実行されている場合でも、これらのキューのクエリで一貫したパフォーマンスが得られるように、分析キューまたはデータサイエンスキューの同時実行スケーリングを有効にします。

クエリの優先順位を使用すると、クラスターで分析ワークロードのみが実行されている場合は、システム全体が最適化され、最適なシステム使用率で高いスループットが得られます。ただし、ETL ワークロードは優先度が高いため、このワークロードが開始されると優先して処理されます。ETL ワークロードの一部として実行されるクエリは、受け入れ中だけでなく、受け入れ後の優先リソース割り当て時に優先度が上がります。結果として、ETL ワークロードは、システムで他に何が実行されているかに関係なく、予測どおりに実行されます。優先度の高いワークロードの予測可能なパフォーマンスには、実行時間が長く、優先度の低い他のワークロードのコストがかかります。これは、クエリで、重要度が高いクエリが完了するのを待機しているか、優先度の高いクエリを同時に実行している場合は、リソースの割合が小さくなるためです。Amazon Redshift で使用されているスケジューリングアルゴリズムにより、優先度の低いクエリがリソース不足に悩まされることはなく、遅いペースで進行し続けます。

注記
  • タイムアウトフィールドは、自動 WLM では使用できません。代わりに、QMR ルールである query_execution_time を使用します。詳細については、「WLM クエリモニタリングルール」を参照してください。

  • QMR アクションである HOP は、自動 WLM には使用できません。代わりに、change priority アクションを使用します。詳細については、「WLM クエリモニタリングルール」を参照してください。

  • パラメーターグループ内で、自動 WLM キューと手動 WLM キューを混在させないようにしてください。代わりに、自動 WLM に移行するときに新しいパラメータグループを作成します。