CREATE DATASHARE - Amazon Redshift

CREATE DATASHARE

現在のデータベースに新しいデータ共有を作成します。このデータ共有の所有者は CREATE DATASHARE コマンドの発行者です。

Amazon Redshift は、各データ共有を単一の Amazon Redshift データベースに関連付けます。スーパーユーザーとデータベースの所有者は、データ共有を作成できます。関連付けられたデータベースからデータ共有にのみオブジェクトを追加できます。同じ Amazon Redshift データベースに複数のデータ共有を作成できます。

データ共有に関する情報を表示するには、SHOW DATASHARES を使用します。

Syntax

CREATE DATASHARE datashare_name
[[SET] PUBLICACCESSIBLE [=] TRUE | FALSE ];

Parameters

datashare_name

データ共有の名前。データ共有名は、クラスター名前空間内で一意である必要があります。

[[SET] PUBLICACCESSIBLE]

公開でアクセス可能なクラスターとデータ共有を共有できるかどうかを指定する句。

SET PUBLICACCESSIBLE のデフォルト値は FALSE です。

使用に関する注意事項

デフォルトでは、データ共有の所有者は共有のみを所有し、共有内のオブジェクトは所有しません。

スーパーユーザーとデータベース所有者のみが CREATE DATASHARE を使用して、ALTER 権限を他のユーザーまたはグループに委任できます。

Examples

次の例では、データ共有 SalesShare を作成します。

create datashare SalesShare;