Amazon Redshift
データベース開発者ガイド

SELECT リスト

SELECT リストは、クエリが返す列、機能、および式を指定します。このリストは、クエリの出力を表しています。

構文

SELECT [ TOP number ] [ ALL | DISTINCT ] * | expression [ AS column_alias ] [, ...]

パラメータ

TOP number

TOP は引数として正の整数を取り、クライアントに返される行数を定義します。TOP 句に関する動作は、LIMIT 句に関する動作と同じです。返される行数は固定ですが、行のセットは固定ではありません。一貫性のある行セットを返すには、TOP または LIMIT を ORDER BY 句と組み合わせて使用します。

ALL

DISTINCT を指定しない場合、デフォルトの動作を定義する冗長キーワード。SELECT ALL * は、SELECT * と同じ意味です (すべての列のすべての行を選択し、重複を維持します)。

DISTINCT

1 つまたは複数の列の一致する値に基づいて、結果セットから重複する行を削除するオプション。

* (アスタリスク)

テーブルのコンテンツ全体を返します (すべての列とすべての行)。

expression

クエリによって参照されるテーブル内に存在する 1 つまたは複数の列から構成される式。式には、SQL 関数を含めることができます。次に例を示します。

avg(datediff(day, listtime, saletime))
AS column_alias

最終的な結果セットに使われる列のテンポラリ名。AS キーワードはオプションです。次に例を示します。

avg(datediff(day, listtime, saletime)) as avgwait

シンプルな列名ではない式に対して、エイリアスを指定しない場合、結果セットはその列に対してデフォルト名を適用します。

注記

エイリアスは、ターゲットリストで定義された直後に認識されます。同じターゲットリストで、その後に定義されている他の式でエイリアスを使用できます。以下に示しているのはこのポリシーの例です。

select clicks / impressions as probability, round(100 * probability, 1) as percentage from raw_data;

エイリアスの側面参照の利点は、同じターゲットリストでより複雑な式を構築するときに、エイリアスの式を繰り返す必要がないことです。Amazon Redshift がこの種類を参照を解析するときは、前に定義されたエイリアスをインライン展開します。FROM 句に定義された名前が、以前にエイリアスを作成した式と同じである列がある場合、FROM 句の列が優先されます。たとえば、上記のクエリで、テーブルの raw_data に「probability」という名前の列がある場合、ターゲットリストの 2 番目の式の「probability」は、エイリアス名「probability」ではなく列を参照します。

使用に関する注意事項

TOP は SQL 式です。LIMIT 動作に対する選択肢を提供します。TOP と LIMIT を同じクエリで使用することはできません。