TIMEZONE 関数 - Amazon Redshift

TIMEZONE 関数

TIMEZONE は、指定されたタイムゾーンのタイムスタンプとタイムスタンプ値を返します。

タイムゾーンの設定方法の詳細と例については、「timezone」を参照してください。

タイムゾーンの変換方法の詳細と例については、「CONVERT_TIMEZONE」を参照してください。

構文

TIMEZONE ('timezone', { timestamp | timestamptz )

引数

timezone

戻り値のタイムゾーン。タイムゾーンは、タイムゾーン名 ('Africa/Kampala' または 'Singapore' など) またはタイムゾーンの略名 ('UTC' または 'PDT' など) として指定できます。サポートされるタイムゾーン名のリストを表示するには、次のコマンドを実行します。

select pg_timezone_names();

サポートされるタイムゾーン省略形のリストを表示するには、次のコマンドを実行します。

select pg_timezone_abbrevs();

詳細な説明と例については、タイムゾーンの使用上の注意を参照してください。

timestamp

TIMESTAMP の型、またはタイムスタンプに暗黙的に強制変換できる値を生成する式。

timestamptz

TIMESTAMPTZ 型、またはタイムゾーンを含むタイムスタンプに暗黙的に強制変換できる値を生成する式。

戻り型

TIMESTAMP 式で使用する場合は TIMESTAMPTZ。

TIMESTAMPTZ 式で使用する場合は TIMESTAMP。