Amazon Redshift
データベース開発者ガイド

ストアドプロシージャの名前付け

プロシージャを定義する際に同じ名前を付けて、異なる入力引数のデータ型 (署名) を使用すると、別のプロシージャが作成されます。つまり、プロシージャ名は多重定義されます。詳細については、「プロシージャ名の多重定義」を参照してください。Amazon Redshift では、出力引数に基づくプロシージャの多重定義は許可されません。つまり、2 つのプロシージャで名前と入力引数のデータ型を同じにして、出力引数の型を異なるものにすることはできません。

所有者またはスーパーユーザーは、ストアドプロシージャの本文を、同じ署名を使用する新しいものに置き換えることができます。ストアドプロシージャの署名または戻り値の型を変更するには、ストアドプロシージャを削除して再作成します。詳細については、「DROP PROCEDURE」および「CREATE PROCEDURE」を参照してください。

ストアドプロシージャを実装する前に、その命名規則を考慮することで、競合の可能性や予期しない結果を回避できます。プロシージャ名は多重定義できるため、Amazon Redshift の既存および将来のプロシージャ名と競合する可能性があります。

プロシージャ名の多重定義

プロシージャは、その名前と署名 (入力引数の数および引数のデータ型) で識別されます。名前が同じでも署名が異なる 2 つのプロシージャは、同じスキーマ内に存在できます。つまり、プロシージャ名は多重定義できます。

プロシージャを実行する際に、クエリエンジンは、指定された引数の数と引数のデータ型に基づいて、呼び出すプロシージャを決定します。多重定義を使用すると、CREATE PROCEDURE コマンドで許可されている制限まで、可変数の引数を使用してプロシージャをシミュレートできます。詳細については、「CREATE PROCEDURE」を参照してください。

名前の競合の回避

すべてのプロシージャ名にはプレフィックス sp_ を使用することをお勧めします。Amazon Redshift では、sp_ プレフィックスがストアドプロシージャ専用として予約されています。プロシージャ名に sp_ プレフィックスを付けることで、プロシージャ名は Amazon Redshift の既存または将来のプロシージャ名と競合しなくなります。