IAM 認証を使用したデータベースユーザー認証情報の生成 - Amazon Redshift

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

IAM 認証を使用したデータベースユーザー認証情報の生成

AWS Identity and Access Management (IAM) のアクセス許可ポリシーによって許可されるアクセス許可に基づいて一時的データベース認証情報を生成して、Amazon Redshift データベースに対するユーザーのアクセス権を管理することができます。

一般的に、Amazon Redshift データベースユーザーは、データベースのユーザー名とパスワードを提供してデータベースにログオンします。ただし、Amazon Redshift データベースでユーザー名とパスワードを維持する必要はありません。ユーザーがユーザー認証情報を作成し、IAM 認証情報に基づいてデータベースにログオンできるようにシステムを設定できます。

詳細については、https://docs.aws.amazon.com/IAM/latest/UserGuide/id_roles_providers.htmlの「IAM ユーザーガイドID プロバイダとフェデレーション」を参照してください。