Amazon Redshift
クラスター管理ガイド (API バージョン 2012-12-01)

クエリパフォーマンスデータの表示

Amazon Redshift コンソールには、データベースで実行するクエリのパフォーマンスに関する情報が表示されます。この情報を使用して、処理に長い時間がかかるクエリや、他のクエリの効率的な処理を妨げるようなボトルネックを作成するクエリを識別し、トラブルシューティングすることができます。この情報は、クラスター詳細ページの [クエリ] タブを使用して表示できます。[クエリ] タブには、クラスターで現在実行中か、または最近実行したクエリがリスト表示されます。このリストには、[クエリ ID]、[実行時間]、[開始時刻]、およびクエリに関するその他の情報が含まれます。

クエリパフォーマンスデータを表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [クラスター] を選択します。

  3. パフォーマンスデータを表示するクラスターを選択します。

  4. [Queries (クエリ)] タブを選択します。

    デフォルトでは、[クエリ] タブには、過去 24 時間のクエリパフォーマンスが表示されます。表示されるデータを変更するには、[フィルター] リストを使用して、クエリを表示する期間を選択します。また、[検索] ボックスにキーワードを入力して、検索条件に一致するクエリを検索することもできます。

    重要

    [クエリ] タブには、システムで最も長く実行されている最大 100 件のクエリが表示されます。

クエリの実行の終了

[クエリ] ページを使用して、現在進行中のクエリを終了することもできます。

注記

Amazon Redshift console でクエリとロードを終了するには、特定のアクセス権限が必要です。ユーザーがクエリとロードを終了できるようにする場合は、必ず redshift:CancelQuerySession アクションを AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーに追加します。この要件は、[Amazon Redshift 読み取り専用] AWS 管理ポリシーを選択するか、IAM でカスタムポリシーを作成するかにかかわらず適用されます。Amazon Redshift フルアクセスポリシーが適用されているユーザーには、クエリとロードを終了するためのアクセス許可がすでにあります。Amazon Redshift の IAM ポリシーにおけるアクションの詳細については、「リソースへのアクセスの管理」を参照してください。

クエリの実行を終了するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [クラスター] を選択します。

  3. [クラスター] で、開くクラスターを選択します。

  4. [Queries (クエリ)] タブを選択します。

  5. 次のいずれかを行ってください。

    • リストで、終了するクエリを選択し、[クエリの終了] を選択します。

    • リストで、クエリ情報を最初に確認する場合はクエリを開き、[クエリの終了] を選択します。

  6. [クエリの終了] ダイアログボックスで、[確認] を選択します。

このページの内容: