クエリ実行中のクラスターパフォーマンスの表示 - Amazon Redshift

クエリ実行中のクラスターパフォーマンスの表示

注記

Amazon Redshift 用の新しいコンソールが利用可能です。使用しているコンソールに基づき、[新しいコンソール] または [元のコンソール] の手順を選択します。新しいコンソールの手順はデフォルトで開いています。

クエリ実行中にクラスターパフォーマンスを表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール (https://console.aws.amazon.com/redshift/) を開きます。

  2. ナビゲーションメニューで [CLUSTERS] を選択し、リストからクラスター名を選択してその詳細を開きます。[Cluster performance (クラスターのパフォーマンス)]、[Query monitoring (クエリのモニタリング)]、[Maintenance and monitoring (メンテナンスとモニタリング)]、[Backup (バックアップ)]、[Properties (プロパティ)]、[Schedule (スケジュール)] タブなど、クラスターの詳細が表示されます。

  3. 詳細については、[Query monitoring (クエリのモニタリング)] タブを選択します。

    詳細については、「クエリ履歴データの表示」を参照してください。

[クエリ] ビューの [Cluster Performance During Query Execution (クエリ実行中のクラスターパフォーマンスの表示)] セクションを使用して、各実行中のクラスターメトリクスを表示できます。この操作は、パフォーマンスが低いクエリの特定、ボトルネックとなっているクエリの検索、およびワークロードに対してクラスターのサイズ変更が必要かどうかの判断に役立ちます。

クエリの実行中にクラスターメトリクスを表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール (https://console.aws.amazon.com/redshift/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [クラスター] を選択します。

  3. [クラスター] で、クエリの実行中にクラスターのパフォーマンスを表示するクラスターを選択します。

  4. [Queries (クエリ)] タブを選択します。

  5. クエリリストで、対象のクエリを見つけ、[クエリ] 列でクエリ ID を選択します。

    次の例では、実行時間が最も長いクエリを見つけるために、クエリが [実行時間] でソートされています。

  6. 開かれた [クエリ] ページで、[Cluster Performance During Query Execution (クエリ実行中のクラスターパフォーマンス)] セクションまでスクロールしてクラスターメトリクスを表示します。

    次の例では、このクエリが実行中の時間の [CPUUtilization] および [NetworkReceiveThroughput] メトリクスが表示されます。

    ヒント

    [Query Execution Details (クエリ実行の詳細)] または [SQL] セクションの詳細を閉じて、ペインに表示される情報の量を管理できます。