Amazon Redshift
クラスター管理ガイド (API バージョン 2012年12月1日)

Amazon Redshift コンソールを使用したリザーブドノードサービスの購入

Amazon Redshift コンソールで [Reserved Nodes] ページを使用して、リザーブドノードサービスを購入したり、現在および過去の予約を表示したりします。予約がない場合、[Reserved Node] ページは以下のように表示されます。

サービスを購入した後、[Reserved Node] リストには、各予約とその詳細 (ノードタイプ、ノード数、予約状況など) が表示されます。予約の詳細のさらなる情報については、「リザーブドノードの動作」を参照してください。

リザーブドノードの予約を表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Reserved Nodes] を選択します。

  3. (オプション) [Filter] で、予約リストでの結果を絞り込むための検索条件を指定します。

リザーブドノードサービスを購入するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Reserved Nodes] を選択します。

  3. [Purchase Reserved Nodes] を選択します。

  4. [Purchase Reserved Nodes] ウィザードで、[Node Type]、[Term]、[Offering Type] を指定します。

  5. [Number of Nodes] ボックスに、予約するノードの数を入力します。

  6. [Continue] を選択します。

  7. サービスの詳細を確認し、[Purchase] を選択します。

  8. [Reserved Nodes] ページで、予約リストに [payment-pending] ステータスの予約が表示されます。

DC1 から DC2 へのリザーブドノードのアップグレード

現在の残りの有効期間に、DC1 リザーブドノードを無料で DC2 ノードにアップグレードできます。DC2 は、低レイテンシーと高スループットを必要とする負荷の高いデータウェアハウスワークロード向けに設計されています。

前提条件

リザーブドノードをアップグレードする前に、アップグレードする予定のノードを含むクラスターを移行します。DC1 クラスターを DC2 に移行するには、サイズ変更または復元のオペレーションを使用します。クラスターが DC1.large クラスターである場合は、既存のスナップショットを使用して新しい DC2.large クラスターに復元できます。クラスターが DC1.8xlage クラスターの場合、サイズを変更して DC2.8xlarge クラスターとすることができます。リザーブドノードをアップグレードする前に、必ず DC1 クラスターをシャットダウンします。DC2 クラスターでは、DC1 リザーブドノードをアップグレードするまで、オンデマンド料金が発生します。

スナップショットから復元する方法の詳細については、「Amazon Redshift スナップショット」を参照してください。クラスターのサイズ変更の詳細については、「チュートリアル: Amazon Redshift クラスターのサイズ変更」を参照してください。

リザーブドノードの予約をアップグレードするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[リザーブドノード] を選択します。

  3. アップグレードする DC1 リザーブドノードを選択します。

  4. [リザーブドノードのアップグレード] ダイアログボックスの詳細を確認して、[アップグレード] を選択します。

Amazon CLI を使用してリザーブドノードの予約をアップグレードするには

  1. 支払いタイプ、期間、および条件の要件を満たすサービスに関する ReservedNodeOfferingID のリストを取得します。このステップを、次の例に示します。

    aws redshift get-reserved-node-exchange-offerings --reserved-node-id xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx { "ReservedNodeOfferings": [ { "Duration": 31536000, "ReservedNodeOfferingId": "yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyy", "UsagePrice": 0.0, "NodeType": "dc2.large", "RecurringCharges": [ { "RecurringChargeFrequency": "Hourly", "RecurringChargeAmount": 0.2 } ], "CurrencyCode": "USD", "OfferingType": "No Upfront", "ReservedNodeOfferingType": "Regular", "FixedPrice": 0.0 } ] }
  2. accept-reserved-node-exchange を呼び出して、前のステップで取得した ReservedNodeOfferingID とともに交換する DC1 リザーブドノードの ID を指定します。

    このステップを、次の例に示します。

    aws redshift accept-reserved-node-exchange --reserved-node-id xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx --target-reserved-node-offering-id yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyyy { "ExchangedReservedNode": { "UsagePrice": 0.0, "OfferingType": "No Upfront", "State": "exchanging", "FixedPrice": 0.0, "CurrencyCode": "USD", "ReservedNodeId": "zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz", "NodeType": "dc2.large", "NodeCount": 1, "RecurringCharges": [ { "RecurringChargeFrequency": "Hourly", "RecurringChargeAmount": 0.2 } ], "ReservedNodeOfferingType": "Regular", "StartTime": "2018-06-27T18:02:58Z", "ReservedNodeOfferingId": "yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyyy", "Duration": 31536000 } }

describe-reserved-nodes を呼び出し、Node type の値を確認して、交換が完了したことを確認できます。