Amazon Redshift
クラスター管理ガイド

Amazon Redshift での設定と脆弱性の分析

AWS は、ゲストオペレーティングシステム (OS) やデータベースへのパッチ適用、ファイアウォール設定、災害対策 (DR) などの基本的なセキュリティタスクを処理します。これらの手順は認定を受けたサードパーティーによって確認されています。詳細については、「Amazon Redshift のコンプライアンス検証」、「共有責任モデル」、およびホワイトペーパー「アマゾン ウェブ サービス: セキュリティプロセスの概要」を参照してください。

Amazon Redshift によって自動的に更新やパッチがデータウェアハウスに適用されるので、お客様は管理作業ではなくアプリケーションそのものに集中することができます。パッチとアップグレードは、設定可能なメンテナンスウィンドウ中に適用されます。詳細については、「メンテナンスウィンドウ」を参照してください。