AWS CloudFormation を使用したプロジェクトの作成 - Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CloudFormation を使用したプロジェクトの作成

Amazon Rekognition Custom Labels は AWS CloudFormation と統合されています。これは、リソースとインフラストラクチャの作成と管理の所要時間を短縮できるように AWS リソースをモデル化して設定するためのサービスです。必要なすべての AWS リソースを記述するテンプレートを作成すると、これらのリソースが AWS CloudFormation で自動的にプロビジョニングおよび設定されます。

AWS CloudFormation を使用すると、Amazon Rekognition Custom Labels プロジェクトのプロビジョニングと設定を行うことができます。

AWS CloudFormation を使用すると、テンプレートを再利用して Amazon Rekognition Custom Labels リソースをいつでも繰り返しセットアップできます。プロジェクトを一度記述するだけで、同じプロジェクトを複数の AWS アカウントとリージョンで何度でもプロビジョニングできます。

Amazon Rekognition Custom Labels と AWS CloudFormation テンプレート

Amazon Rekognition Custom Labels と関連サービスのためのプロジェクトをプロビジョニングし、設定するためには、AWS CloudFormation テンプレートを理解する必要があります。テンプレートは、JSONまたはYAMLでフォーマットされたテキストファイルです。これらのテンプレートには、AWS CloudFormation スタックにプロビジョニングしたいリソースを記述します。JSON や YAML に不慣れな方は、AWS CloudFormation Designer を使えば、AWS CloudFormation テンプレートを使いこなすことができます。詳細については、「AWS CloudFormation ユーザーガイド」の「AWS CloudFormation Designer とは」を参照してください。

JSON テンプレートと YAML テンプレートの例を含む Amazon Rekognition Custom Labels プロジェクトのリファレンス情報については、「Rekognition リソースタイプのリファレンス」を参照してください。

AWS CloudFormation の詳細はこちら

AWS CloudFormation の詳細については、以下のリソースを参照してください。