イメージの仕様 - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

イメージの仕様

Amazon Rekognition イメージオペレーションでは、.jpg 形式や .png 形式のイメージを分析できます。

イメージのバイトを呼び出しの一部として Amazon REKognition Image オペレーションに渡すか、既存の Amazon S3 オブジェクトを参照します。Amazon S3 バケットに保存されているイメージの分析例については、「」を参照してください。Amazon S3 バケットに保存されているイメージの分析。Amazon REKognition イメージ API オペレーションにイメージのバイトを渡す例については、ローカルファイルシステムからロードされたイメージの分析

HTTP を使用して Amazon REKognition Image オペレーションの一部として渡す場合の画像のバイトは、base64 でエンコードされた文字列であることが必要です。AWS SDK を使用して API オペレーションの呼び出しの一部としてイメージのバイトを渡す場合、イメージのバイトを Base64 でエンコードする必要があるかどうかは使用言語によって異なります。

以下の共通AWSSDK では、イメージを自動的に base64 でエンコードします。Amazon REKognition Image API オペレーションを呼び出す前にイメージのバイトをエンコードする必要はありません。

  • Java

  • JavaScript

  • Python

  • PHP

別の AWS SDK を使用しているときに REKognition API オペレーションの呼び出しによりイメージ形式エラーが発生した場合は、イメージのバイトを base64 でエンコードしてから REKognition API オペレーションに渡してみてください。

♪AWS CLIを使用して Amazon REKognition Image オペレーションを呼び出す場合、呼び出しの一部としてイメージのバイトを渡すことはサポートされていません。最初に Amazon S3 バケットにイメージをアップロードし、次にアップロードしたイメージを参照するオペレーションを呼び出します。

注記

イメージのバイトの代わりに S3Object に保存されたイメージを渡す場合は、イメージを base64 でエンコードする必要はありません。

Amazon REKognition イメージのオペレーションのレイテンシーをできるだけ低くする方法の詳細については、「」を参照してください。Amazon Rekognition イメージ操作のレイテンシー

イメージの向きの修正

いくつかの REKognition API オペレーションでは、分析されたイメージの向きが返されます。イメージの向きを知ることは、表示用にイメージの向きを変えるために重要です。顔を分析する REKognition API オペレーションでは、イメージ内の顔の位置の境界ボックスも返されます。境界ボックスを使用して、顔またはイメージの周囲にボックスを表示できます。返される境界ボックスの座標は、イメージの向きによって影響を受けます。顔の周囲に正しくボックスを表示するには、境界ボックスの座標の変換が必要になる場合があります。詳細については、「イメージの向きとバウンディングボックスの座標を取得する」を参照してください。

イメージのサイズ変更

分析中、Amazon Rekognition は、特定のモデルまたはアルゴリズムに最適な事前定義された範囲のセットを使用して、内部的に画像のサイズを変更します。このため、Amazon Rekognition は、入力画像の解像度に応じて、異なる数のオブジェクトを検出したり、異なる結果を提供したりすることがあります。たとえば、2 つのイメージがあるとします。最初の画像の解像度は 1024 x 768 ピクセルです。2 番目の画像は、最初の画像のサイズ変更バージョンであり、解像度は 640x480 ピクセルです。画像を DetectLabels を呼び出すと、2 つの呼び出しからの応答がDetectLabelsは若干異なる場合があります。