Amazon Rekognition のガイドラインとクォータ - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Rekognition のガイドラインとクォータ

以下のセクションでは、Amazon Rekognition を使用する際のガイドラインとクォータについて説明します。クォータには 2 種類あります。クォータの設定最大画像サイズなどの変更はできません。デフォルトのクォータに記載されているAWSサービスクォータページは、」デフォルトのクォータセクションに追加します。

サポートされているリージョン

のリストについては、AWSAmazon Rekognition が利用可能なリージョンについては、AWS リージョンとエンドポイント()Amazon Web Services 全般的なリファレンス

クォータの設定

以下は、変更できないAmazon Rekognition の制限の一覧です。トランザクション/秒 (TPS) の制限など、変更できる制限に関する情報については、」デフォルトのクォータ

Amazon Rekognition カスタムラベルの制限については、Amazon Rekognition カスタムラベルのガイドラインとクォータ

Amazon Rekognition イメージ

  • Amazon S3 オブジェクトとして保存できるイメージのサイズは 15 MB までに制限されています。

  • 高さと幅の最小画像サイズはどちらも 80 ピクセルです。画像の最小サイズDetectProtectiveEquipment高さと幅のどちらも 64 ピクセルです。

  • 画像の最大サイズDetectProtectiveEquipment幅と高さのどちらも 4096 ピクセルです。

  • によって検出されるDetectProtectiveEquipment800x1300 の画像では、人は 100x100 ピクセル以上でないと認識できません。サイズが 800 x 13 ピクセルよりも大きいイメージでは、サイズの最小人物サイズも比例してより大きくなります。

  • 1920x1080 ピクセルのイメージでは、顔が 40x40 ピクセル以上でないと検出できません。寸法が 1920X1080 ピクセルよりも大きいイメージでは、必要な最小顔サイズも比例してより大きくなります。

  • API にパラメータとして渡すイメージの最大サイズ (raw バイト) は 5 MB です。制限は 4 MB です。DetectProtectiveEquipmentAPI。

  • Amazon Rekognition は、PNG および JPEG イメージ形式をサポートしています。さまざまな API オペレーション (DetectLabelsIndexFaces など) に入力として渡すイメージは、サポートされている形式であることが必要です。

  • 1 つの顔コレクションに保存できる顔の最大数は 2,000 万です。

  • 検索 API から返される一致する顔の最大数は 4096 です。

  • DetectText はイメージ内の最大 100 個の単語を検出できます。

  • DetectProtectiveEquipment最大15人の個人用保護具を検出することができます。

イメージと顔の比較に関するベストプラクティスについては、「センサー、入力画像、ビデオのベストプラクティス」を参照してください。

Amazon Rekognition Video 保存動画

  • Amazon Rekognition Video では、サイズが 10 GB までの保存済みビデオを分析できます。

  • Amazon Rekognition Video では、長さが 6 時間までの保存済みビデオを分析できます。

  • Amazon Rekognition Video では、アカウントあたり最大 20 の同時ジョブをサポートしています。

  • 保存されたビデオは、H.264 コーデックを使用してエンコードする必要があります。サポートされているファイル形式は MPEG-4 および MOV です。

  • ページ分割トークンの有効期限 (TTL) は 24 時間です。ページ分割トークンは、GetLabeldetection など、Get オペレーションで返される NextToken フィールド内にあります。

Amazon Rekognition Video ストリーミング動画

  • Kinesis ビデオ入力ストリームは、最大 1 つの Amazon Rekognition Video ストリームプロセッサと関連付けることができます。

  • Kinesis データ出力ストリームは、最大 1 つの Amazon Rekognition Video ストリームプロセッサと関連付けることができます。

  • Amazon Rekognition ビデオ入力ストリームや Kinesis データ出力ストリームを複数のプロセッサで共有することはできません。

デフォルトのクォータ

デフォルトのクォータの一覧については、AWSサービスクォータ。これらの制限はデフォルトで、変更することができます。制限の引き上げをリクエストするには、ケースを作成します。現在のクォータ制限 (適用されたクォータ値) を確認するには、」Amazon Rekognition Service Quotas。の TPS 使用率履歴を表示するにはAmazon Rekognition イメージ APIについては、『Amazon Rekognition Service Quotas ページをクリックし、特定の API 操作を選択して、その操作の履歴を表示します。

TPS クォータ変更の計算

要求する新しい制限は何ですか? トランザクション/秒(TPS)は、予想されるワークロードのピーク時に最も関連性があります。ワークロードのピーク時および応答時間(5~15秒)の最大同時API呼び出しを理解することが重要です。5秒が最小になることに注意してください。以下は、以下の 2 つの例を示します。

  • 例 1: 私が最も忙しい時間の初めに期待している最大同時顔認証(CompareFaces API)ユーザーは1000人です。これらの応答は、10 秒間にわたって分散されます。したがって、関連する地域のCompareFaces APIに必要なTPSは100(1000/10)です。

  • 例 2: 私の最も忙しい時間の初めに予想される最大同時オブジェクト検出(DetectLabels API)呼び出しは250です。これらの応答は、5 秒間にわたって分散されます。したがって、関連する地域のDetectLabels APIに必要なTPSは50(250/5)です。

TPS クォータのベストプラクティス

Transactions Per Second(TPS; トランザクション/秒)の推奨ベストプラクティスには、スパイクトラフィックの平滑化、再試行の設定、および指数バックオフとジッタの設定などがあります。

  1. 滑らかにスパイクなトラフィック。スパイクトラフィックはスループットに影響を与えます。割り当てられたトランザクション/秒 (TPS) の最大スループットを得るには、キューイングサーバーレスアーキテクチャまたは別のメカニズムを使用して、トラフィックを「スムーズ」して、より一貫性のあるものにします。Rekognition を使用したサーバーレス大規模画像およびビデオ処理のコードサンプルおよびリファレンスについては、Amazon Rekognition itionによる大規模画像・動画処理

  2. 再試行を設定します。のガイドラインに従うエラー処理を使用して、許可するエラーの再試行を設定します。

  3. 指数バックオフとジッタを設定します。リトライを設定するときに指数関数的なバックオフとジッタを設定すると、達成可能なスループットを向上させることができます。「」を参照してください。でのエラー再試行とエクスポネンシャルバックオフAWS

TPS クォータを変更するケースを作成する

ケースを作成するには、ケースの作成以下の質問に答えるようにします。

  • 実装済みのTPS クォータのベストプラクティスを使用してトラフィックの急増を平滑化し、再試行、指数バックオフ、ジッタを設定できますか?

  • 必要なTPSクォータの変更を計算しましたか? そうでない場合は、TPS クォータ変更の計算

  • 将来のニーズをより正確に予測するために、TPSの使用履歴を確認しましたか? TPS の使用履歴を表示するには、Amazon Rekognition Service Quotas ページ

  • ユースケースは何ですか?

  • どのAPIを使用するかを選択します。

  • これらの API をどのリージョンで使うかを選択します。

  • 負荷を複数のリージョンに分散させることはできますか?

  • 毎日何枚の画像を処理していますか?

  • このボリュームを維持する期間はどのくらいですか(1回限りのスパイクですか、継続していますか)。

  • デフォルトの制限でどのようにブロックされていますか? 次の例外表を参照して、発生したシナリオを確認します。

    エラーコード Exception メッセージ これはどういう意味ですか? 再試行できますか?
    HTTP ステータスコード 400。

    ProvisionedThroughputExceededException

    プロビジョンドレートを超過しました

    スロットリングを示します。制限の引き上げリクエストを再試行または評価できます。

    はい

    HTTP ステータスコード 400。

    ThrottlingException

    リクエストのレートが急激に増加しました。レートを下げてください。

    スパイクなトラフィックを送信し、スロットリングが発生している可能性があります。トラフィックをシェーピングし、よりスムーズかつ一貫性のあるものにする必要があります。次に、追加の再試行を設定します。ベストプラクティスを参照してください。 はい
    HTTP ステータスコード ThrottlingException (HTTP 500) Service Unavailable

    バックエンドがアクションをサポートするためにスケールアップ中であることを示します。リクエストを再実行してください。

    はい

    エラーコードの詳細については、エラー処理

注記

これらの制限は、現在住んでいる地域によって異なります。制限を変更するケースは、リクエストしたリージョンで、リクエストした API オペレーションに影響します。その他の API オペレーションおよびリージョンは影響を受けません。