Amazon Rekognition における制限 - Amazon Rekognition

Amazon Rekognition における制限

以下のリストに示しているのは、Amazon Rekognition の制限です。変更できる制限については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。制限を変更するには、「ケースの作成」を参照してください。

トランザクション/秒 (TPS) の制限に関する情報については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

Amazon Rekognition カスタムラベルの制限については、「Amazon Rekognition カスタムラベルの制限」を参照してください。

Amazon Rekognition Image

  • Amazon S3 オブジェクトとして保存できるイメージのサイズは 15 MB までに制限されています。

  • 高さと幅の最小画像サイズはどちらも 80 ピクセルです。

  • 1920x1080 ピクセルのイメージでは、顔が 40x40 ピクセル以上でないと検出できません。寸法が 1920X1080 ピクセルよりも大きいイメージでは、必要な最小顔サイズも比例してより大きくなります。

  • API にパラメータとして渡すイメージの最大サイズ (raw バイト) は 5 MB です。

  • Amazon Rekognition は、PNG および JPEG イメージ形式をサポートしています。さまざまな API オペレーション (DetectLabelsIndexFaces など) に入力として渡すイメージは、サポートされている形式であることが必要です。

  • 1 つの顔コレクションに保存できる顔の最大数は 2,000 万です。

  • 検索 API から返される一致する顔の最大数は 4096 です。

  • DetectText はイメージ内の最大 50 個の単語を検出できます。

イメージと顔の比較に関するベストプラクティスについては、「センサー、入力イメージ、ビデオのベストプラクティス」を参照してください。

Amazon Rekognition Video 保存済みビデオ

  • Amazon Rekognition Video では、サイズが 10 GB までの保存済みビデオを分析できます。

  • Amazon Rekognition Video では、長さが 6 時間までの保存済みビデオを分析できます。

  • Amazon Rekognition Video は、アカウントあたり最大 20 の同時ジョブをサポートしています。

  • 保存されたビデオは、H.264 コーデックを使用してエンコードする必要があります。サポートされているファイル形式は MPEG-4 および MOV です。

  • ページ分割トークンの有効期限 (TTL) は 24 時間です。ページ分割トークンは、GetLabeldetection など、Get オペレーションで返される NextToken フィールド内にあります。

Amazon Rekognition Video ストリーミングビデオ

  • Kinesis ビデオ入力ストリームは、最大 1 つの Amazon Rekognition Video ストリームプロセッサと関連付けることができます。

  • Kinesis データ出力ストリームは、最大 1 つの Amazon Rekognition Video ストリームプロセッサと関連付けることができます。

  • Amazon Rekognition Video ストリームプロセッサに関連付けられた Kinesis ビデオ入力ストリームや Kinesis データ出力ストリームを複数のプロセッサで共有することはできません。