FailedCreateSimulationJobRequest - AWS RoboMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

FailedCreateSimulationJobRequest

失敗したシミュレーションジョブ作成リクエストに関する情報。

コンテンツ

failedAt

シミュレーションジョブバッチが失敗したときの、エポックからのミリ秒単位の時間。

型: タイムスタンプ

必須: いいえ

failureCode

失敗コード。

型: 文字列

有効な値:InternalServiceError | RobotApplicationCrash | SimulationApplicationCrash | RobotApplicationHealthCheckFailure | SimulationApplicationHealthCheckFailure | BadPermissionsRobotApplication | BadPermissionsSimulationApplication | BadPermissionsS3Object | BadPermissionsS3Output | BadPermissionsCloudwatchLogs | SubnetIpLimitExceeded | ENILimitExceeded | BadPermissionsUserCredentials | InvalidBundleRobotApplication | InvalidBundleSimulationApplication | InvalidS3Resource | ThrottlingError | LimitExceeded | MismatchedEtag | RobotApplicationVersionMismatchedEtag | SimulationApplicationVersionMismatchedEtag | ResourceNotFound | RequestThrottled | BatchTimedOut | BatchCanceled | InvalidInput | WrongRegionS3Bucket | WrongRegionS3Output | WrongRegionRobotApplication | WrongRegionSimulationApplication | UploadContentMismatchError

必須:いいえ

failureReason

シミュレーションジョブリクエストの失敗理由。

タイプ: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 1,024 です。

パターン: .*

必須: いいえ

request

シミュレーションジョブのリクエスト。

タイプ:SimulationJobRequest オブジェクト

必須: いいえ

その他の参照資料

言語固有の AWS SDK でこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。