AWS RoboMaker リソースのタグ付け - AWS RoboMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS RoboMaker リソースのタグ付け

フリート、ロボット、ロボットアプリケーション、シミュレーションアプリケーション、およびシミュレーションジョブを管理および整理しやすいように、必要に応じて、タグの形式で特定のリソースに独自のメタデータを割り当てることができます。このセクションでは、タグとその作成方法について説明します。

ベーシックタグ

タグを使用すると、AWS RoboMaker リソースを目的、所有者、環境などさまざまな方法で分類することができます。これは、同じタイプのリソースが多数ある場合に役立ちます。割り当てたタグに基づいて特定のリソースをすばやく識別できます。タグはそれぞれ、1 つのキーとオプションの値で設定され、どちらもユーザーが定義します。例えば、機能ごとにデバイスを追跡するのに役立つ、ロボット用の一連のタグを定義できます。リソースの種類ごとのニーズを合わせて一連のタグキーを作成することをお勧めします。一貫性のあるタグキーセットを使用することで、リソースの管理が容易になります。

追加または適用したタグに基づいて、リソースを検索およびフィルター処理できます。また、「IAM ポリシーでのタグの使用」で説明しているように、タグを使用してリソースへのアクセスを制御することもできます。

使いやすさのために、のタグエディタは、タグを作成および管理するための AWS Management Console の中央の統一された方法を提供します。詳細については、 の操作 AWS Management Consoleタグエディタの操作を参照してください。

また、AWS CLI および AWS RoboMaker API を使用してタグを操作することもできます。モノのグループ、モノのタイプ、トピックルール、ジョブ、セキュリティプロファイル、および請求グループの作成時に、以下のコマンドで [タグ] フィールドを使用してタグを関連付けることができます。

以下のコマンドを使用して、タグ付けがサポートされている既存のリソースに対してタグを追加、変更、または削除できます。

タグのキーと値は編集でき、タグはリソースからいつでも削除できます。タグの値を空の文字列に設定することはできますが、タグの値を null に設定することはできません。特定のリソースについて既存のタグと同じキーを持つタグを追加した場合、古い値は新しい値によってオーバーライドされます。リソースを削除すると、リソースに関連付けられているすべてのタグも削除されます。

タグの制約と制限

次のベーシックな制限がタグに適用されます。

  • リソースあたりのタグの最大数: 50

  • キーの最大長: 127 文字 (Unicode) (UTF-8)

  • 値の最大長: 255 文字 (Unicode) (UTF-8)

  • タグのキーと値は大文字と小文字が区別されます。

  • タグの名前または値に aws: プレフィックスを使用しないでください。これは、AWS での使用のために予約されているためです。このプレフィックスが含まれるタグの名前または値は編集または削除できません。このプレフィックスを持つタグは、リソースあたりのタグ数の制限にはカウントされません。

  • 複数のサービス間およびリソース間でタグ付けスキーマを使用する場合、他のサービスでも許可される文字に制限が適用されることがあるのでご注意ください。一般に、許可される文字は、UTF-8 で表現可能な文字、スペース、数字、および次の特殊文字です: + - = . _ : / @。