非同期エンドポイントを削除する - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

非同期エンドポイントを削除する

API SageMaker を使用してホストされたエンドポイントを削除するのと同様の方法で、非同期エンドポイントを削除します。DeleteEndpoint削除する非同期エンドポイントの名前を指定します。エンドポイントを削除すると、 SageMaker エンドポイントの作成時にデプロイされていたすべてのリソースが解放されます。モデルを削除しても、モデルアーティファクト、推論コード、モデル作成時に指定した IAM ロールは削除されません。

DeleteModelAPI SageMaker SageMaker またはコンソールを使用してモデルを削除します。

Boto3
import boto3 # Create a low-level SageMaker service client. sagemaker_client = boto3.client('sagemaker', region_name=<aws_region>) sagemaker_client.delete_endpoint(EndpointName='<endpoint-name>')
SageMaker console
  1. https://console.aws.amazon.com/sagemaker/ SageMaker のコンソールに移動します。

  2. [Inference] (推論) ドロップダウンリストを展開します。

  3. [Endpoints] を選択します。

  4. [Search endpoints] (エンドポイントを検索) 検索バーでエンドポイントを検索します。

  5. エンドポイントを選択します。

  6. [削除] を選択します。

非同期エンドポイントの削除に加えて、Amazon ECR リポジトリ (カスタム推論イメージを作成した場合)、 SageMaker モデル、非同期エンドポイント設定自体など、エンドポイントの作成に使用された他のリソースも消去する必要がある場合があります。