非同期エンドポイントを呼び出す - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

非同期エンドポイントを呼び出す

InvokeEndpointAsync を使用して非同期エンドポイントでホストされているモデルから推論を取得します。

注記

まだ行っていない場合、推論データ (機械学習モデル、サンプルデータなど) を Amazon S3 にアップロードします。

リクエストに次のフィールドを指定してください。

  • InputLocation には、推論データの場所を指定します。

  • EndpointName には、エンドポイントの名前を指定します。

  • (オプション) InvocationTimeoutSeconds では、リクエストの最大タイムアウトを設定できます。この値は、1 回のリクエスト当たり最大 3600 秒 (1 時間) に設定できます。リクエストにこのフィールドを指定しない場合、デフォルトではリクエストは 15 分でタイムアウトします。

# Create a low-level client representing Amazon SageMaker Runtime sagemaker_runtime = boto3.client("sagemaker-runtime", region_name=<aws_region>) # Specify the location of the input. Here, a single SVM sample input_location = "s3://bucket-name/test_point_0.libsvm" # The name of the endpoint. The name must be unique within an AWS Region in your AWS account. endpoint_name='<endpoint-name>' # After you deploy a model into production using SageMaker hosting # services, your client applications use this API to get inferences # from the model hosted at the specified endpoint. response = sagemaker_runtime.invoke_endpoint_async( EndpointName=endpoint_name, InputLocation=input_location, InvocationTimeoutSeconds=3600)

JSON 文字列としてレスポンスを受け取ります。これには、リクエスト ID と、処理後に API コールに対するレスポンスを受ける Amazon S3 バケット名が含まれます。