非同期エンドポイントを更新する - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

非同期エンドポイントを更新する

UpdateEndpoint API を使用して非同期エンドポイントを更新します。エンドポイントが更新されると、 SageMaker前のエンドポイント設定でプロビジョンされたリソースを削除する前に、指定された新しいエンドポイント設定にプロビジョンして切り替えをします。活動中のエンドポイントを持っている、あるいはそのエンドポイントで UpdateEndpoint または CreateEndpoint オペレーションが実行されている間は、EndpointConfig を削除しないでください。

# The name of the endpoint. The name must be unique within an AWS Region in your AWS account. endpoint_name='<endpoint-name>' # The name of the endpoint configuration associated with this endpoint. endpoint_config_name='<endpoint-config-name>' sagemaker_client.update_endpoint( EndpointConfigName=endpoint_config_name, EndpointName=endpoint_name )

Amazon SageMaker がリクエストを受信すると、エンドポイントのステータスは [Updating] (更新中) になります。非同期エンドポイントが更新されると、InServiceステータスはになります。エンドポイントのステータスをチェックするには、DescribeEndpoint API を使用します。エンドポイントの更新時に指定できるパラメータの完全なリストについては、「UpdateEndpoint API」を参照してください。