Amazon SageMaker Autopilot クォータ - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker Autopilot クォータ

Amazon SageMaker Autopilot の使用時に利用できるリソースを制限するクォータがあります。引き上げることができる制限と、そうでない制限があります。

注記

以下のセクションで説明するリソースクォータは、Amazon SageMaker Studio Classic 3.22.2 以降のバージョンで有効です。Studio Classic のバージョン SageMakerの更新については、「」を参照してください SageMaker Studio Classic および Studio Classic アプリケーションをシャットダウンして更新する

増やすことができるクォータ

リソースの制限
リソース リージョン デフォルトの制限 引き上げることができる最大
入力データセットのサイズ すべて 100 GB 数百 GB
1 つの Parquet ファイルのサイズ* すべて 2 GB 該当なし
サブサンプリングのターゲットデータセットサイズ** すべて 5 GB 数百 GB
同時 Autopilot ジョブの数 us-east-1、us-east-2、us-west-2、ap-northeast-1、eu-west-1、eu-central-1 4 数百
ap-northeast-2、ap-southeast-2、eu-west-2、ap-southeast-1 2 数百
その他のすべてのリージョン 1 10
注記

*この 2 GB のサイズ制限は、単一の圧縮された Parquet ファイルに対するものです。入力データセットの最大サイズまでの複数の圧縮 Parquet ファイルを含む Parquet データセットを提供できます。これらのファイルを解凍すると、それぞれのサイズが拡大する場合があります。

**Autopilot では、ターゲットデータセットサイズより大きい入力データセットを自動的にサブサンプリングします。同時に、クラスの不均衡を考慮し、まれなクラスラベルを保持します。

クォータの引き上げをリクエストするには:
  1. Service Quotas コンソールを開きます。

  2. クォータの引き上げを選択し、アカウントレベルで引き上げをリクエストするを選択します。

  3. 引き上げクォータ値 に、リクエストする新しい制限値を入力します。

  4. [リクエスト] を選択します。

リソースクォータ

次の表に、 の Amazon SageMaker Autopilot ジョブのランタイムリソース制限を示します AWS リージョン。

Autopilot ジョブあたりのリソース制限
リソース Autopilot ジョブあたりの制限
Autopilot ジョブの最大ランタイム 30 日間