Foundation モデルを微調整する権限をユーザーに付与します。 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Foundation モデルを微調整する権限をユーザーに付与します。

Amazon SageMaker Canvas で基礎モデルを微調整するためのアクセス権限を付与するには、このページで説明されている権限設定を完了する必要があります。R eady-to-use モデルのユーザー権限を付与する必要があります。これにより、AmazonSageMakerCanvasAI ServicesAccess ポリシーがユーザーの AWS IAM 実行ロールにアタッチされます。また、Amazon Bedrock と IAM 実行ロールとの間に信頼関係を構築する必要があります。

R eady-to-use モデルに権限を付与

基盤モデルの微調整に必要な権限は、Canvas R eady-to-use モデルの権限に含まれています。Amazon SageMaker ドメインを設定するときは、Canvas R eady-to-use モデルの設定権限をオンにする必要があります。詳細については、「Amazon キャンバスをセットアップするための前提条件 SageMaker 」を参照してください。

ドメインまたはユーザープロファイルの設定を編集して、Canvas R eady-to-use モデルの構成設定をオンにできます。ドメイン設定の編集について詳しくは、「ドメインの表示と編集」を参照してください。

IAM コンソールから AmazonSageMakerCanvasAI ServicesAccess ポリシーをユーザーの IAM 実行ロールに手動でアタッチすることもできます。ロールにポリシーをアタッチする方法の詳細については、『IAM ユーザーガイド』の「IAM ID 権限の追加と削除」を参照してください。AWS

Amazon Bedrock との信頼関係を築きましょう

Amazon Bedrock との信頼関係を構築して、Amazon Bedrock がユーザーの IAM ロールを引き継ぎ、基盤モデルを微調整できるようにする必要があります。

に信頼関係を追加するには、ドメインまたはユーザープロファイルの IAM ロールを書き留めておいてください。次に、以下の操作を実行します。

  1. IAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/iam/) に移動します。

  2. 左のナビゲーションペインで、[ロール] を選択します。

  3. ロールのリストからユーザーの IAM ロールを名前で検索して選択します。

  4. [信頼関係] タブを選択します。

  5. [Edit trust policy] (信頼ポリシーを編集) を選択します。

  6. ポリシーエディターの右側のパネルで「プリンシパルの追加」オプションを探し、「追加」を選択します。

  7. ダイアログボックスの「プリンシパル・タイプ」で、「AWS サービス」を選択します。

  8. ARN には、と入力しますbedrock.amazonaws.com

  9. [プリンシパルを追加] を選択します。

  10. [ポリシーの更新] を選択します。

これで Amazon Bedrock との信頼関係が確立され、Canvas で基礎モデルを微調整するのに必要な権限が得られたはずです。 SageMaker