Amazon SageMaker Canvas からのログアウト - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker Canvas からのログアウト

Amazon SageMaker Canvas での作業が完了したら、ログアウトするか、ワークスペースインスタンス を自動的に終了するようにアプリケーションを設定できます。ワークスペースインスタンスは、Canvas アプリケーションを起動するたびに使用専用であり、インスタンスが実行されている限り課金されます。ワークスペースインスタンスをログアウトまたは終了すると、ワークスペースインスタンスの請求が停止します。詳細については、「 のSageMaker 料金」を参照してください。

以下のセクションでは、Canvas アプリケーションからログアウトする方法と、スケジュールに従って自動的にシャットダウンするようにアプリケーションを設定する方法について説明します。

Canvas からログアウトする

Canvas からログアウトしても、モデルとデータセットは影響を受けませんが、Canvas SageMaker はクイックビルドタスクをキャンセルします。クイックビルド の実行中に SageMaker Canvas からログアウトすると、アプリケーションを再起動するまでビルドが中断される場合があります。再起動すると、 SageMaker Canvas は自動的にビルドを再起動します。標準ビルドは、ログアウトしても続行されます。

ログアウトするには、Canvas アプリケーションの左側のパネルにあるログアウトボタン ( Filter icon in the SageMaker Canvas app. ) SageMaker を選択します。

ブラウザタブを閉じてからコンソールでアプリケーションを削除することで、Canvas SageMaker アプリケーションからログアウトすることもできます。

ログアウトすると、 SageMaker Canvas は別のタブで再起動するように指示します。ログインには 3 分から 8 分かかります。 SageMaker Canvas をセットアップする管理者がいる場合は、再度ログインするように指示します。管理者がいない場合は、 で Canvas SageMaker にアクセスする手順を参照してくださいAmazon SageMaker Canvas を設定するための前提条件

Canvas を自動的にシャットダウンする

Canvas 管理者の場合は、コストを削減するためにアプリケーションを定期的にシャットダウンすることをお勧めします。アクティブな Canvas アプリケーションをシャットダウンするスケジュールを作成することも、アイドル状態になったらすぐに Canvas アプリケーションをシャットダウンするオートメーションを作成することもできます (つまり、ユーザーが 2 時間アクティブになっていないことを意味します)。

これらのソリューションを作成するには、 DeleteApp API を AWS Lambda 呼び出し、特定の条件下で Canvas アプリケーションを削除します。これらのソリューションと使用可能な AWS CloudFormation テンプレートへのアクセスの詳細については、ブログ「アイドル状態のアプリの自動シャットダウンによる Amazon SageMaker Canvas のコストの最適化」を参照してください。

注記

アイドルシャットダウンスケジュールの設定時にエラーが発生した場合、またはエラーが発生した場合、 CloudWatchAmazon CloudWatch メトリクスが欠落することがあります。メトリクスの欠落をモニタリングする CloudWatch アラームを追加することをお勧めします。この問題が発生した場合は、 にお問い合わせください AWS Support 。