コードエディタ管理者ガイド - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

コードエディタ管理者ガイド

オンデマンドインスタンスでコードエディタを使用すると、起動時間を短縮し、ストレージを構成できます。コードエディタアプリケーションは、Amazon SageMaker Studio または から起動できます AWS CLI。ドメインコンソールでコードエディタのデフォルト設定を編集することもできます。詳細については、「ドメインの表示と編集」を参照してください。

前提条件

Code-OSS、Visual Studio Code - Open Source に基づく Code Editor を使用するには、まず Amazon SageMaker ドメインにオンボードし、ユーザープロファイルを作成します。詳細については、「Amazon SageMaker ドメインの概要」を参照してください。

を使用して Code Editor アプリケーションを操作する場合は AWS CLI、次の前提条件も満たす必要があります。

  • 現在のバージョン のインストールの AWS CLI 手順に従って、 を更新します。 AWS CLI

  • ローカルマシンで aws configure を実行し、 AWS 認証情報を入力します。 AWS 認証情報の詳細については、「認証情報の理解と取得」を参照してください AWS

アプリケーションのストレージとコンピューティングを増やすには、 AWS クォータの引き上げをリクエストできます。クォータの引き上げのリクエストの詳細については、「Amazon SageMaker エンドポイントとクォータ」を参照してください。