カスタムルールの使用方法 - Amazon SageMaker

カスタムルールの使用方法

CreateTrainingJob API を使用するか、オープンソース smdebug Python ライブラリAmazon SageMaker Python SDK と共に使用して、トレーニングジョブをモニタリングするためのカスタムルールをデプロイできます。smdebug プログラミングモデルは、このタスクを理解するためのコンテキストを提供します。プログラミングモデルについては、「分析」を参照してください。

カスタムルールを実行するには、インターフェイスの追加のパラメータをいくつか指定する必要があります。主なパラメータは、Rule クラスの実装がある Python ファイル、Rule クラスの名前、Rule ジョブを実行するインスタンスのタイプ、そのインスタンスのボリュームのサイズ、このジョブの実行に使用する docker イメージです。