モデルの登録 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

モデルの登録

モデルにスケーリングポリシーを追加する前に、まず Auto Scaling 用にモデルを登録し、モデルのスケーリング制限を定義する必要があります。

次の手順では、 AWS Command Line Interface () または Application Auto Scaling API を使用して Auto Scaling 用のモデル (本番稼働用バリアントAWS CLI) を登録する方法について説明します。

モデルの登録 (AWS CLI)

本番稼働用バリアントを登録するには、以下のパラメータを指定して register-scalable-target コマンドを使用します。

  • --service-namespace - この値は sagemaker に設定します。

  • --resource-id - モデルのリソース識別子 (具体的には本番稼働用バリアント)。このパラメータでは、リソースタイプは endpoint で、一意の識別子は本番稼働用バリアントの名前です。例えば、「endpoint/my-endpoint/variant/my-variant」と入力します。

  • --scalable-dimension - この値は sagemaker:variant:DesiredInstanceCount に設定します。

  • --min-capacity— インスタンスの最小数。この値は 1 以上、および max-capacity に指定された値以下である必要があります。

  • --max-capacity— インスタンスの最大数。この値は 1 以上、および min-capacity に指定された値以上である必要があります。

次の例はmy-variantmy-endpointエンドポイントで実行されている という名前のバリアントを登録する方法を示しています。このバリアントは、1~8 個のインスタンスを持つように動的にスケーリングできます。

aws application-autoscaling register-scalable-target \ --service-namespace sagemaker \ --resource-id endpoint/my-endpoint/variant/my-variant \ --scalable-dimension sagemaker:variant:DesiredInstanceCount \ --min-capacity 1 \ --max-capacity 8

モデルの登録 (Application Auto Scaling API)

モデルを Application Auto Scaling に登録するには、次のパラメータを指定して RegisterScalableTarget Application Auto Scaling API アクションを使用します。

  • ServiceNamespace - この値は sagemaker に設定します。

  • ResourceID - 本番稼働用バリアントのリソース識別子。このパラメータでは、リソースタイプは endpoint で、一意の識別子はバリアントの名前です。例えば、endpoint/my-endpoint/variant/my-variant

  • ScalableDimension - この値は sagemaker:variant:DesiredInstanceCount に設定します。

  • MinCapacity— インスタンスの最小数。この値は 1 以上、および MaxCapacity に指定された値以下である必要があります。

  • MaxCapacity— インスタンスの最大数。この値は 1 以上、および MinCapacity に指定された値以上である必要があります。

次の例はmy-variantmy-endpointエンドポイントで実行されている という名前のバリアントを登録する方法を示しています。このバリアントは、1~8 個のインスタンスを使用するように動的にスケーリングできます。

POST / HTTP/1.1 Host: application-autoscaling.us-east-2.amazonaws.com Accept-Encoding: identity X-Amz-Target: AnyScaleFrontendService.RegisterScalableTarget X-Amz-Date: 20230506T182145Z User-Agent: aws-cli/2.0.0 Python/3.7.5 Windows/10 botocore/2.0.0dev4 Content-Type: application/x-amz-json-1.1 Authorization: AUTHPARAMS { "ServiceNamespace": "sagemaker", "ResourceId": "endpoint/my-endpoint/variant/my-variant", "ScalableDimension": "sagemaker:variant:DesiredInstanceCount", "MinCapacity": 1, "MaxCapacity": 8 }