スケーリングポリシーを削除する - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

スケーリングポリシーを削除する

スケーリングポリシーが不要になった場合は、いつでも削除できます。

すべてのスケーリングポリシーを削除し、モデルの登録を解除する (コンソール)

すべてのスケーリングポリシーを削除し、バリアントをスケーラブルターゲットとして登録解除するには
  1. https://console.aws.amazon.com/sagemaker/ で Amazon SageMaker コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、エンドポイント を選択します。

  3. エンドポイントを選択し、エンドポイントランタイム設定 でバリアントを選択します。

  4. [Auto Scaling の設定] を選択します。

  5. [Auto Scaling の登録解除] を選択します。

スケーリングポリシーを削除する (AWS CLI または Application Auto Scaling API)

AWS CLI または Application Auto Scaling API を使用して、バリアントからスケーリングポリシーを削除できます。

スケーリングポリシーを削除する (AWS CLI)

バリアントからスケーリングポリシーを削除するには、以下のパラメータを指定して delete-scaling-policy コマンドを使用します。

  • --policy-name - スケーリングポリシーの名前。

  • --resource-id - バリアントのリソース識別子。このパラメータでは、リソースタイプは endpoint で、一意の識別子はバリアントの名前です。例えば、「endpoint/my-endpoint/variant/my-variant」と入力します。

  • --service-namespace - この値は sagemaker に設定します。

  • --scalable-dimension - この値は sagemaker:variant:DesiredInstanceCount に設定します。

次の例では、 my-endpointエンドポイントで実行されている という名前のバリアントmy-scaling-policyから my-variantという名前のターゲット追跡スケーリングポリシーを削除します。

aws application-autoscaling delete-scaling-policy \ --policy-name my-scaling-policy \ --resource-id endpoint/my-endpoint/variant/my-variant \ --service-namespace sagemaker \ --scalable-dimension sagemaker:variant:DesiredInstanceCount

スケーリングポリシーを削除する (Application Auto Scaling API)

スケーリングポリシーをバリアントから削除するには、DeleteScalingPolicy Application Auto Scaling API アクションを次のパラメータとともに使用します。

  • PolicyName - スケーリングポリシーの名前。

  • ServiceNamespace - この値は sagemaker に設定します。

  • ResourceID - バリアントのリソース識別子。このパラメータでは、リソースタイプは endpoint で、一意の識別子はバリアントの名前です。例えば、「endpoint/my-endpoint/variant/my-variant」と入力します。

  • ScalableDimension - この値は sagemaker:variant:DesiredInstanceCount に設定します。

次の例では、 my-endpointエンドポイントで実行されている という名前のバリアントmy-scaling-policyから my-variantという名前のターゲット追跡スケーリングポリシーを削除します。

POST / HTTP/1.1 Host: application-autoscaling.us-east-2.amazonaws.com Accept-Encoding: identity X-Amz-Target: AnyScaleFrontendService.DeleteScalingPolicy X-Amz-Date: 20230506T182145Z User-Agent: aws-cli/2.0.0 Python/3.7.5 Windows/10 botocore/2.0.0dev4 Content-Type: application/x-amz-json-1.1 Authorization: AUTHPARAMS { "PolicyName": "my-scaling-policy", "ServiceNamespace": "sagemaker", "ResourceId": "endpoint/my-endpoint/variant/my-variant", "ScalableDimension": "sagemaker:variant:DesiredInstanceCount" }