スケーリングポリシーを編集する - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

スケーリングポリシーを編集する

スケーリングポリシーを作成したら、名前以外の設定を編集できます。

スケーリングポリシーを編集する (コンソール)

でターゲット追跡スケーリングポリシーを編集するにはAWS Management Console、 に使用したのと同じ手順を使用しますコンソールを使用してモデルの自動スケーリングを設定する

スケーリングポリシーを編集する (AWS CLI または Application Auto Scaling API)

AWS CLI または Application Auto Scaling API を使用して、新しいスケーリングポリシーを作成するのと同じ方法でスケーリングポリシーを編集できます。詳細については、「スケーリングポリシーを適用する」を参照してください。

スケーリングポリシーを一時的にオフにする

自動スケーリングを設定した後、スケーリングポリシー (動的スケーリング) を妨げることなく問題を調査する必要がある場合は、次のオプションがあります。

  • CLI コマンドまたは RegisterScalableTarget API register-scalable-target アクションを呼び出して、 DynamicScalingInSuspendedと の両方にブール値を指定することで、一時的にスケーリングアクティビティを停止および再開しますDynamicScalingOutSuspended

    次の例は、 my-endpointエンドポイントで実行されている my-variantという名前のバリアントのスケーリングポリシーを停止する方法を示しています。

    aws application-autoscaling register-scalable-target \ --service-namespace sagemaker \ --resource-id endpoint/my-endpoint/variant/my-variant \ --scalable-dimension sagemaker:variant:DesiredInstanceCount \ --suspended-state '{"DynamicScalingInSuspended":true,"DynamicScalingOutSuspended":true}'
  • ポリシーのスケールイン部分を無効にして、特定のターゲット追跡スケーリングポリシーがバリアントでスケーリングされないようにします。この方法では、スケーリングポリシーがインスタンスを削除できないようにしながら、必要に応じてインスタンスを作成できます。

    CLI コマンドまたは PutScalingPolicy API アクションを使用してポリシーを編集し、 put-scaling-policy のブール値を指定することで、スケールインアクティビティを一時的に無効にしてから有効にしますDisableScaleIn

    以下は、スケールアウトするがスケールインしないスケーリングポリシーのターゲット追跡設定の例です。

    { "TargetValue": 70.0, "PredefinedMetricSpecification": { "PredefinedMetricType": "SageMakerVariantInvocationsPerInstance" }, "DisableScaleIn": true }