カスタム地理空間ワークロードの処理ジョブの使用 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

カスタム地理空間ワークロードの処理ジョブの使用

Amazon SageMaker Processing を使用すると、 で簡素化されたマネージドエクスペリエンスを使用して、専用の地理空間コンテナでデータ処理ワークロード SageMaker を実行できます。

Amazon SageMaker Processing ジョブの基盤となるインフラストラクチャは、 によって完全に管理されます SageMaker。処理ジョブ中、クラスターリソースはジョブの期間中プロビジョニングされ、ジョブが完了するとクリーンアップされます。

処理ジョブの実行。

上の図は、 が地理空間処理ジョブを SageMaker スピンアップする方法を示しています。 SageMaker は地理空間ワークロードスクリプトを取得し、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) から地理空間データをコピーして、指定された地理空間コンテナをプルします。処理ジョブの基盤となるインフラストラクチャは、 によって完全に管理されます SageMaker。クラスターのリソースはジョブ期間中にプロビジョンされ、ジョブが完了するとクリーンアップされます。処理ジョブの出力は、指定したバケットに保存されます。

パス命名に関する制約

処理ジョブコンテナ内のローカルパスは、 で始まる必要があります/opt/ml/processing/

SageMaker 地理空間は、処理ジョブの実行時に指定081189585635.dkr.ecr.us-west-2.amazonaws.com/sagemaker-geospatial-v1-0:latestできる専用のコンテナを提供します。