IP Insights トレーニングデータの形式 - Amazon SageMaker

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

IP Insights トレーニングデータの形式

以下は、IP Insights アルゴリズムで使用できるデータ入力形式です。Amazon SageMaker の組み込みアルゴリズムは、トレーニングの共通データ形式で説明している共通の入力トレーニング形式に準拠します。ただし、Amazon SageMaker IP Insights アルゴリズムは現在、CSV データ入力形式のみをサポートしています。

IP Insights トレーニングデータ入力の形式

INPUT CSV

CSV ファイルには列が 2 つ含まれている必要があります。最初の列は、エンティティの一意の識別子に対応する不透明な文字列です。2 番目の列は、エンティティのアクセスイベントの IPv4 アドレス (ドット区切りの 10 進数表記) です。

content-type: text/csv

entity_id_1, 192.168.1.2 entity_id_2, 10.10.1.2